最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Jochen Rueckert:またもよく出来たドラマーのアルバムが登場 | トップページ | John Surmanとノルウェーのビッグバンド共演作 »

2014年11月 4日 (火)

唐突ながら,Kenny Drew, Jr.が亡くなっていたようである。

The_flame_within "The Flame Within" Kenny Drew, Jr. (Jazz City)

私がこの作品を保有しているのはBob Bergの参加ゆえであるが,久しぶりに本作を聞いて,記事でも書こうかなぁとネタを探すために,ネットを徘徊していたら,なんとKenny Drew, Jr.は今年の8月に亡くなっていたようである。知らぬことだったとは言え,56歳とは若過ぎる死である。

私にとって,Kenny Drew, Jr.は決して縁の深いミュージシャンではない。本作もBob Berg目当てだし,Jack Wilkinsとの"Keep in Touch"だって,Wilkins聞きたさに買ったようなものである(ちなみに後者はどこかにしまい込んでしまって,見つかっていないが...)。以前は国内レーベルからアルバムも結構出していたものの,結局はメジャーにはなれず,人気,実力ともに父を凌駕することはなかったように思える。だが,初リーダ作であるはずのこのアルバムを聞いてみれば,モダンな感覚と,コンテンポラリーな感覚を共存させていて,決して悪いものではないと思えた。ただ,何でも出来てしまうことは,裏を返せば「器用貧乏」と言われるリスクもあるわけで,例えば,Chick Corea作の"Matrix"からJacoの"Three Views of a Secret",そしてMonkの"We See"に至る流れなんて,演奏は悪くないとしても,この人の本質がどこにあるのかわからなくなってしまうようなのだ。

まぁ,そうは言いながら,30歳になる前からこうした技術を身につけていたということはよくわかるアルバムではある。それでもやっぱり私の注意はBob Bergに向いてしまうのだが,3曲しか参加していないからねぇ。Bob Bergは冒頭のタイトル・トラックが一番いいように思う。ということで,アルバムとしては星★★★~★★★☆ってところだろう。そんなに悪くはないのだが,これ以上の評価もできないってことである。

Recorded in November, 1987

Personnel: Kenny Drew, Jr.(p), Charnett Moffett(b), Al Foster(ds), Bob Berg(ts)

« Jochen Rueckert:またもよく出来たドラマーのアルバムが登場 | トップページ | John Surmanとノルウェーのビッグバンド共演作 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60586557

この記事へのトラックバック一覧です: 唐突ながら,Kenny Drew, Jr.が亡くなっていたようである。:

« Jochen Rueckert:またもよく出来たドラマーのアルバムが登場 | トップページ | John Surmanとノルウェーのビッグバンド共演作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作