2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Led Zeppelin絶頂期のライブ | トップページ | 更新が滞っているうちに... »

2014年11月10日 (月)

David MurrayのBlack Saintボックス到着。今日はそこから"The Hill"である。

David_murray_the_hill "The Hill" David Murray Trio (Black Saint)

前々から気になっていたDavid MurrayのBlack Saintレーベルのアルバムの集成盤(Vol.2の方)を買ってしまった。このVol.2はトリオあるいはクァルテット等の編成で,比較的コンベンショナルな演奏をしている盤を集めており,いつかは買うだろうと思っていたのだが,先日,新橋のテナーの聖地Bar D2で本ボックスに収められた"I Want to Talk About You"を聞かせて頂き,こりゃ~ええわということで,買うタイミングが早まったと言うか,背中を押されてしまったかたちである。まぁ,そうは言いながら,そうしたトリガーがないと優柔不断なままだったとも言えるわけで,それはそれでよかったということにしよう。

David Murrayという人は多作な人であり,一般には激しい演奏をする人というイメージがあるが,私がこのボックスの中で唯一保有していた"Morning Song"はこの人のコンベンショナルな一面を捉えたナイスなアルバムだと思っていた。だからこそ,このボックスに食指が動いていたわけだが,7枚のうち,それ以外の6枚は聞いたことがなかったはずである。今日はその中からMurray~Richard Davis~Joe Chambersというありそうなのかどうかわからないような組合せのトリオによる"The Hill"を早速聞いているのだが,ここにはコンベンショナルなMurrayとアバンギャルドなMurrayの組合せが感じられる演奏となっていて,いいねぇなんてひとりごちている私である。まぁリズム隊は新主流派と言ってよい人たちだから,それこそコンベンショナルとアバンギャルドの中間を行っていたのだから,Murrayがこういうトリオで録音したところにもそういう意図があったと言ってもよいのではないか。

演奏そのものは,決して万人向きのものとは思わないが,この手の演奏が好きな人間には何の抵抗もなく受け入れられるし,保守的なジャズ・ファンでも,これぐらいならまだ大丈夫だろうっていう線には収まっていると思う。ちなみに私は全然問題なし。「いいねぇ」なのである。正直なところ,もっと激しくてもいいぐらいだが,Murrayが吹く"Take the Coltrane"が聞けるだけで,ここは満足しなければならないと思える。

その一方で,David Murrayの音源っていうのは今までもそうなのだが,歴史に残る超名盤っていうものではないにもかかわらず,ジャズ好きな人間に訴求する力が結構強いように思える。この音源を聞いていて,無茶苦茶久しぶりに"Shakill's Warrior"なんてのも聴きたくなってしまった。いずれにしても,7枚組で3,000円なら買っても損はしないよねと思わせるボックスであるとともに,このアルバムも相応に楽しんだ私であった。但し,Richard DavisのアルコはMiroslav Vitousを上回る悪趣味な音なので,それだけは勘弁して欲しいなぁ。MurrayとDavisのデュオで演奏される"Herbie Miller"がこのアルバムへのハードルをより高くしてしまっているのが惜しいねぇ。最後のJoe Chambersのヴァイブが渋い"Chelsea Bridge"とギャップ大き過ぎである(笑)。ってことでトータルでは星★★★☆ぐらいかなぁ。

Recorded on November 29, 1986

Personnel: David Murray(ts, b-cl), Richard Davis(b), Joe Chambers(ds, vib)

« Led Zeppelin絶頂期のライブ | トップページ | 更新が滞っているうちに... »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

コメント

マレイはデジョネットのSpecial Editionで痺れて(ブライスも)、随分聴きました。Black Saintのものも随分と。それも1983年くらいまでで、以降はぱらぱら。その後はあまり目立たないですね。フリーマンとかマレイが存在感を増すジャズ、って期待したのですが。掲載のアルバムは存在も知らなかったです。
最近、高瀬アキとのデュオとか、シカゴのドラムとのデュオとか入手しましたが、相変わらず、いいのだけどなあ、と思いました。

kenさん,こんばんは。Special Editionいいですねぇ。あれは1作目に限ります(きっぱり)。まぁ,それはさておきのDavid Murrayですが,長年やっていても,最近は決定打がないですよねぇ。昔の方がインパクトが強くてよかったような気もします。

もちろん,今でも決して悪くはないですが,やっぱり作品が多過ぎるような気も...。暫くはこのボックスに世話になります(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60624697

この記事へのトラックバック一覧です: David MurrayのBlack Saintボックス到着。今日はそこから"The Hill"である。:

« Led Zeppelin絶頂期のライブ | トップページ | 更新が滞っているうちに... »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作