2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« たまにはこういうことも。 | トップページ | Bryan Ferryの新作:最大1曲に9人のギタリストが... »

2014年11月23日 (日)

コレクターはつらいよ(16):Renée Flemingのホリデイ・アルバムに2曲参加。

Christmas_in_new_york "Christmas in New York" Renée Fleming (Decca)

久しぶりのこのシリーズである。Brad Mehldau参加のアルバムを意地になって集めている私であるが,だからと言って,ブートやら既発音源を含んだコンピレーションまで蒐集しているわけではない。それでも,1曲しか参加していなくても,それが公的な音源である限りは,手に入る限り入手をするというスタンスは貫いている。本作については,結構時間が掛かってしまったが,ようやくカナダから到着したもの。主役はクラシックのソプラノ歌手,Renée Flemingであるが,そこにBrad Mehldauが2曲参加し,楚々としたピアノを聞かせてくれる。

Renée FlemingとBrad Mehldauと言えば,既に"Love Sublime"という作品を残している縁があるから,今回のゲスト出演にも違和感はない。そして,ここでやっているのがSandy Dennyの"Who Knows Where The Time Goes"とPaul Simonの"Love and Hard Times"というのが渋いねぇと思ってしまった。典型的かつ有名なホリデイ・ソングではないのだが,冬を感じさせるに十分な曲目である。特に前者の曲のよさには心底まいってしまった私である。多くの歌手にカバーされるのも当然という感じの名曲である。この2曲に関しては,Renée Flemingはクラシックぽさを控え目にしていて,その辺りも違和感なく聞ける理由である。いかにもソプラノ,ソプラノしていると引いてしまうだろうが,クラシックに抵抗のあるリスナーでも,この演奏ならまぁ問題ないだろう。

ってことで,こういう音源を追い掛けるのも大変ではあるが,それなりの楽しみもあるってことにしよう。いよいよホリデイ・シーズンが本格化したってことに,時間の経過の早さを感じる今日この頃である(苦笑)。

« たまにはこういうことも。 | トップページ | Bryan Ferryの新作:最大1曲に9人のギタリストが... »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

閣下、再び、、こんにちは。

ケチをつけるわけじゃありませんが、、
これは、「つらくはないでしょう。。」 笑
確かに、あまりソプラノでございます!って、感じではないので、わたしもオッケーでした。某ディープな音楽通さまに感謝です。
メルドーって懐広いですよねえ。関心した1枚です。

Suzuckさん,続けてこんばんは。こちらもTBありがとうございます。

正直言って私はクラシックのソプラノがあまり得意ではありません。なので,Brad Mehldauが入っていなければ,このアルバムも買っていません。それでも買わねばならんと思ってしまうから「つらい」んですが。

ただ,Renee FlemingについてはBilly Childsのアルバムでもいい仕事をしていましたし,ここでの歌いっぷりはなかなかですよね。だからと言って,ほかのアルバムを買う気はありませんが(きっぱり)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60695048

この記事へのトラックバック一覧です: コレクターはつらいよ(16):Renée Flemingのホリデイ・アルバムに2曲参加。:

» Christmas in New York / Renee Fleming [My Secret Room]
Renee Flemingは歌唱力のみならず、その優しく謙虚な人柄で国民的歌姫と [続きを読む]

« たまにはこういうことも。 | トップページ | Bryan Ferryの新作:最大1曲に9人のギタリストが... »

Amazon検索

2017年おすすめ作