2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 懐かしのSantanaのファースト・アルバム(レガシー・エディション)におけるWoodstockライブ音源 | トップページ | Steve Grossmanのライブのセットリストはこんな感じ。 »

2014年10月11日 (土)

Steve Grossman観戦記と戦利品:取り敢えずご報告

Steve_grossman_live 新宿のSomedayでSteve Grossmanのライブを見てきた。チケットを入手した頃は,入りが心配だと言われていたのだが,ふたを開けてみればほとんどフルハウスである。「元ジャズ研」,「現ジャズ研」と思しき面々も多数で,ミュージシャンズ・ミュージシャンなのかなぁとも思わせたが,27年振りの来日に心躍らせて現地に向かったオーディエンスは少なくないはずである。いずれにしても,平均年齢が相当に高かったのはご愛嬌である。

Steve_grossman001

そして,痺れるような音色,フレーズを聞かせたSteve Grossmanであった。今日は夜も更けたので,Somedayでのライブの様子と,戦利品の一部の写真のみアップである。戦利品はなぜこれかと言えば,このレコーディングが行なわれた時に,私はSweet Basilに行っていて,このレコーディングに立ち会ったからである。Steveにこれを見せたら「おぉっ,これはフランスのレーベルに吹き込んだ奴だな。ドラムスはArt Taylorだったな。」と懐かしそうにしていたのが面白かった。ということで,どうなっているのか不安もあったが,Steve GrossmanはどうやってもSteve Grossmanであったということである。詳しくは改めてとするが,2ndセットの終盤にジャム・セッションの機会があって,ここに「こやぎ@でかい方」がいれば,絶対面白かったのにと思っていた私である。どうしてこんな時に日本にいないのか(爆)。

« 懐かしのSantanaのファースト・アルバム(レガシー・エディション)におけるWoodstockライブ音源 | トップページ | Steve Grossmanのライブのセットリストはこんな感じ。 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60456819

この記事へのトラックバック一覧です: Steve Grossman観戦記と戦利品:取り敢えずご報告:

« 懐かしのSantanaのファースト・アルバム(レガシー・エディション)におけるWoodstockライブ音源 | トップページ | Steve Grossmanのライブのセットリストはこんな感じ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作