2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Coltrane Quartetへのなり切りぶりが楽しいChristian Vander盤 | トップページ | Baptiste Trotignon,13年ぶりのトリオ作。 »

2014年9月24日 (水)

ジャケの雰囲気が前作と全然違ってびっくりのRuthie Foster

Promise_of_a_brand_new_day "Promise of a Brand New Day" Ruthie Foster(Blue Corn Music)

一昨年リリースされたRuthie Fosterの"Let It Burn"はジャケの雰囲気からしてもいいだろうと思わせ,内容も優れた一作であった(記事はこちら)。そのRuthie Fosterの新作がリリースされたのだが,前作と全くジャケの雰囲気が違っていて,それで面食らってしまった。何てたって,前作はモノクロの渋いジャケだったが,今回は「お花畑のRuthie Foster」なのだ。びっくりして当たり前である(笑)。だが,前作であれだけ素晴らしい作品を作った人である。やや不安はあったものの,勇気を出して購入である。

そして,現物が届いて驚いたのが,本作をプロデュースしているのがMe'Shell Ndegéocelloなのである。彼女は全編でベースも弾いており,どういう付き合いなのかは知らないが,才能には才能が吸い寄せられるってことだろうか。Me'Shell NdegéocelloはJason Moranの新作のプロデュースにも関わっていて,最近,プロデューサー業に精を出しているのかと思えてしまうが,Ruthie Fosterとの邂逅がどういう効果を生み出すのかについては,クレジットを見て俄然期待が高まった私である。

音楽に関しては,魅力的なブルーズ・アルバムであり,フォーク・タッチも含むソウル・アルバムであることは間違いない。2曲目にゲストで参加するDoyle Bramhall IIのギターもカッコいい。しかし,私には前作の方がインパクトが強かったし,よりディープな魅力を感じたのも事実である。ジャケットの印象通り,やや前作よりはライトな感覚が強いように思えるが,あまりヘヴィーになり過ぎてもねぇというリスナーにはこれぐらいの方が丁度いいのかもしれない。多分,これは伴奏陣にもよる部分もあるように思えるが,結局こうなるとリスナーの個人的な好き嫌いに依存するかもしれない。私の場合は前作の方が好みだったように思えるが,これはこれで評価したいと思わせる佳作。星★★★★。前作も久しく聞いていないから,また聞いてみるとするか(爆)。

Personnel: Ruthie Foster(vo), Me'Shell Ndegéocello(b), Chris Bruce(g), Ivan Edwards(ds), Jebin Bruni(key), Nayanna Holley(vo), with Doyle Bramhall II(g), Toshi Reagon(vo)

« Coltrane Quartetへのなり切りぶりが楽しいChristian Vander盤 | トップページ | Baptiste Trotignon,13年ぶりのトリオ作。 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

ブルーズ」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60358726

この記事へのトラックバック一覧です: ジャケの雰囲気が前作と全然違ってびっくりのRuthie Foster:

« Coltrane Quartetへのなり切りぶりが楽しいChristian Vander盤 | トップページ | Baptiste Trotignon,13年ぶりのトリオ作。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)