最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ようやく音楽の記事を...:Eric Harlandの第2作はちょっと微妙な感じ | トップページ | 出張中に見た映画:14/8~9月編その1は「キャプテン・アメリカ」シリーズ第2作 »

2014年9月 8日 (月)

"Future Shock":リリースから30年以上とはなぁ...。

Future_shock "Future Shock" Herbie Hancock (Columbia)

本作がリリースされたのは1983年。時代を見るに敏感なHerbie HancockがHip Hopを題材とし,スクラッチも導入したことが話題となってもう30年かぁというと,自分もそれだけ歳を取ったのだと思ってしまうわけだが,今,改めてこの作品を聞いて思うことを書いておこう。というよりも,ECMの新譜とか体力的に聞く気にならないから,気楽に聞きたいものを選んでいたら,これだったってことである。

この「気楽」というのがこのアルバムの特徴を示したものだと,今回聞いていてつくづく思ってしまった。これを「問題作」と呼んでいたのは,あくまでも時代によるものであり,それまでジャズ界にはこうした取り組みがなかったから「問題作」扱いされたに過ぎない。今にしてみれば,単なるダンサブルな音楽である。しかもつくりは今から見れば極めてシンプル。だが,それは決して悪いことではない。シンプルでダンサブルな音楽であれば,多くのリスナーに訴求する可能性は高くなるのだ。ジャズという概念でくくろうとするから無理が出るだけの話である。

だから,単純にノリのいい音楽としてこれを聞いている限り,全然問題ないし,私のようなおっさんの耳には今でも結構いけているのでは思わせるものである。だから小難しいことを言わず,のってりゃいいのよってのが正直な感想である。一方で,歴史的に見て,スクラッチをレコーディングしたのはこれが初めてだという,「へぇ~」な話もあって,そういう意義は認めてもよかろう。もちろん,Herbie Hancockとしては,これより優れた音源はいくらでもあると思うが,懐メロ,懐メロってことで(笑)。まぁ,そうは言っても星★★★☆ぐらいが妥当だろう。

Personnel: Herbie Hancock(p, key, synth), Bill Laswell(b), D.S.T.(turntables, vo), Pete Cosey(g), Michael Beinhorn(key), Daniel Poncé(perc), Sly Dunbar(ds, perc), Dwight Jackson Jr.(vo), Lamar Wright(vo), Bernard Fowler(vo), Roger Trilling(vo), Nicky Skopelitis(vo)

ついでにグラミー賞の時のパフォーマンス映像を貼り付けておこう。Herbieの演奏ぶりが笑わせてくれる。しかも司会はJohn Denverだもんなぁ(笑)。

« ようやく音楽の記事を...:Eric Harlandの第2作はちょっと微妙な感じ | トップページ | 出張中に見た映画:14/8~9月編その1は「キャプテン・アメリカ」シリーズ第2作 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

コメント

なに難しい顔をして聴いて?いたんだろう…と、言う年齢になった私!
音楽狂さんに全く持って(同感)の至りです。学生時代、連日 自由が丘のファイブスポットで生Jazzでした。 昨夜は久しぶりに ブルー・スウェットを回し…
その後、スティーヴ・タイレルとトレインチャでバカラック 二枚回しました?
支離滅裂?でもいいじゃん♪ 明るく元気でいたい年齢ですからね♪

シマチャンさん,こんばんは。

単純なことを難しく考えたがる年頃ってのもありますよねぇ。自分も昔は青臭かったです(笑)。今は聞きたい音楽だけ聞いてりゃいいと思いますし,少なくとも背伸びはしないですよねぇ。まぁ,その一方で間口は昔よりはるかに広がってますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/60269805

この記事へのトラックバック一覧です: "Future Shock":リリースから30年以上とはなぁ...。:

« ようやく音楽の記事を...:Eric Harlandの第2作はちょっと微妙な感じ | トップページ | 出張中に見た映画:14/8~9月編その1は「キャプテン・アメリカ」シリーズ第2作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作