最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ドイツはあまりにも強く,ブラジルは浮き足立って自滅した。 | トップページ | Joe Henryの新譜はたまらない出来。 »

2014年7月10日 (木)

オランダ敗れる。本当に残念だが,決勝は面白くなった。

Image

オランダ〜アルゼンチンの戦いは,ディフェンシブな流れの中で,120分のスコアレス・ドローの末のPK戦で,アルゼンチンが勝利し,またもオランダのW杯制覇はならなかった。オランダを応援していた私としては残念だが,決勝はドイツ〜アルゼンチンという欧州〜南米対決となったのだから,まぁよしとしよう。

今回,アルゼンチンのディフェンスの固さが際立っていたが,オランダにはコスタリカ戦の疲れもあったのではないかと思わされた。見たところ,いつものオフェンスのキレが感じられなかった。そして,疑問だったのはPK戦が見えてきているところに,コスタリカ戦のPK戦での活躍が光ったKrulを今回は使わなかったことである。短期での戦いにはラッキー・ボーイ的なプレイヤーが重要な役割を果たすことがあるが,Krulはそうした意味合いを持ちそうだっただけに,準決勝でも使ってもよかったのではないか。もちろん,それは結果論に過ぎないのだが,前回のKrul起用に批判もあったVan Gaal監督は,正GKであるCillessenの顔を立てたのではないかとも思えるが,私は勝利のため,そして悲願のW杯制覇のためには,Van Gaalはもっと非情でもよかったように思う。データ的に見てもCillessenのPK対応能力はイマイチであることはわかっていたはずなだけに,今回もKrulを使うというオプションはあっただろう。

だが,Cillessenも2本は手に当てていただけに,それはやはり結果論か。むしろ4人蹴って4人決めたアルゼンチンを褒めるべきだろうし,2本止めたGKのRomeroを褒めるべきだろう。

オランダは中2日で3位決定戦なので,体力的なハンデは否めないが,なんとか頑張って,モチベーションの落ちたブラジルを破ってもらいたい。いよいよあと2戦である。もう少し頑張ろう。

« ドイツはあまりにも強く,ブラジルは浮き足立って自滅した。 | トップページ | Joe Henryの新譜はたまらない出来。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59958251

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ敗れる。本当に残念だが,決勝は面白くなった。:

« ドイツはあまりにも強く,ブラジルは浮き足立って自滅した。 | トップページ | Joe Henryの新譜はたまらない出来。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作