最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« オランダ敗れる。本当に残念だが,決勝は面白くなった。 | トップページ | 追悼,Charlie Haden »

2014年7月12日 (土)

Joe Henryの新譜はたまらない出来。

Joe_henry_invisble_hour "Invisible Hour" Joe Henry (Ear Music)

W杯の観戦や出張疲れで,珍しく体調を崩してしまった私である。試合のない時に体調を崩すというのは都合がよ過ぎであるが,疲れがたまっていたのねぇってことで,まぁいいや(笑)。ということで,間隙をぬっての音楽ネタのようになってしまっており,このブログも「中年W杯狂日記」に改名要と言われても仕方ない(爆)。それはさておき本日はJoe Henryである。

私がJoe Henryの音楽と出会ったのはBrad Mehldau,そしてOrnette Colemanも参加した"Scar"が最初であった。私としては,Mehldauのコンプリートを目指す身であるがゆえに,その作品はJoe Henryの音楽は二の次で入手したのだが,いかにもオルタナ的なサウンドが非常に面白いと思っていたし,Craig Streetのプロデュースも適切だと感じていた。しかし,その後のアルバムはよりルーツ色を強め,現代において,最もSSW的な魅力を感じさせてくれる人の一人というのが私の認識である。また,本人のアルバム以外でも,この人のプロデュースするアルバムは非常に魅力的な作品が多いのも特徴であり,私は彼のプロデュース作品は無条件で購入することにしている。まれにはずれもあるが,基本的に非常にレベルの高い作品を作り出していて,まさに信頼に足るプロデューサーである。

そのJoe Henryのミュージシャンとして新作であるが,これが非常にSSW的なアプローチで,この手の音楽が好きな私のようなリスナーにとってはたまらない出来となっている。まず,サウンドが渋い。Joe Henryの歌いっぷりは若干アクが強いが,この伴奏は往時のSSWのアルバムを想起させるものであり,現在もブラックホークが健在であれば,間違いなく高く評価されたのではないかと思わせる。これはHenryの書く曲によるところもあれば,伴奏そのもの,特にアコースティック・ギターの響き,並びにそのミキシングによるところもあるように思える。とにかく,ギターの音色が何とも魅力的なのである。そして,トラッドな感覚を想起させるホーンの使い方もあって,その筋のリスナーは間違いなくはまってしまう音なのである。特に私にとってよかったのはGreg Leiszのギターの音である。この人,いろいろなアルバムに顔を出しているが,クォリティを高めつつ,渋さを醸し出すという意味では往年のAmos Garrettを思い出してしまう。

メンツはいつものJoe Henry一座という感じだが,この安定感は「いつものメンツ」によるものも大きいだろう。この人たちは録音の期間が短いのが常だが,今回も4日で録られているにしてはクォリティが高い。ある意味,ジャズマン的なノリとも言えるし,妙なテクノロジーを駆使するわけでもないからこそ可能になると思える。

それにしても,毎度毎度この人のジャケは地味で,売る気があるのか?と思ってしまうが,音楽の内容とマッチングしていると言えばその通りである。いや,これはやっぱりいいと思う。星★★★★☆。

Recorded on July 24, 25, 26 & 31, 2013

Personnel: Joe Henry(vo, g), Jay Bellrose(ds, perc), Jennifer Condos(b), Levon Henry(cl, b-cl, ss, ts), Greg Leisz(g, mandolin, mandocello, weissenborn), David Piltch(b), John Smith(g, mandora, vo), Kenneth Pattengale(vo), Joey Ryan(vo), Lisa Hannigan(vo)

« オランダ敗れる。本当に残念だが,決勝は面白くなった。 | トップページ | 追悼,Charlie Haden »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59939469

この記事へのトラックバック一覧です: Joe Henryの新譜はたまらない出来。:

« オランダ敗れる。本当に残念だが,決勝は面白くなった。 | トップページ | 追悼,Charlie Haden »

Amazon検索

2017年おすすめ作