最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 素晴らしかったDado Moroni & Max Ionataデュオ | トップページ | 今日は体力が残っていないので... »

2014年6月11日 (水)

Dado Moroni & Max Ionataライブ参戦記(続)

昨日,ビビッドな記憶の中で記事を書こうと思って書いていたら,Firefoxがクラッシュして,記事が消えてしまったので,気を取り直しての再投稿である。

今回,イタリア文化会館でDado MoroniとMax Ionataの無料コンサートが開催されるということを聞きつけ,夜の部活メイト,rhodiaさんにエントリーをお願いし,400人弱のラッキーな聴衆の一人となることができた。この二人,"Two for Duke"というデュオ・アルバムをリリースしているが,今回はそのライブでの再現ということになろう。そちらのアルバムは未聴のまま臨んだが,非常に楽しめるライブであった。えてしてDuke Ellingtonというのは,そればかり聞いているのは難しいところがないわけではないと思っているが,彼らは歌心を注入して,非常に魅力的な演奏を聞かせたと言える。後でこの作品についてはゆっくりと記事を書くことにしたい。

Max_ionata_and_i_2_mosaic 私はMax Ionataに関しては彼がプロモーションで来日した折の,ディスク・ユニオンにおけるインストア・ライブで生を見ている。早いもので,それはもう5年近く前のことになるが,その後も彼のアルバムはちょこちょことは買っていたのだが,ライブはそれ以来ということになる。そして,今回,更に成長したというか,成熟度合いが進んだ彼のテナーを聞くことができた。素晴らしい歌心,そしてフレージングである。さすがイタリア・オペラの国の人だと思いたくなるような吹きっぷりで,こういうのを「朗々たるテナー」と言うなぁなんてライブの最中に思っていた私である。今回の演奏を聞いていると,彼の最新作であるライブ盤も早く聞かねばと思いたくなる。Albore Jazzの豊田さんとも前回のユニオン以来の再会となったが,きっと今回のライブ盤も間違いないと思わせるMax Ionataの吹きっぷりであった。

Dado_moroni_and_i_mosaic_2 更に驚かされたのがDado Moroniである。彼はTom Harrellとの共演盤を通じて,優秀なピアニストであることは重々承知していたが,今回は結構なハード・スウィンガーぶりも聞かせただけでなく,しっとり締めるところは締めるていたが,ピアノだけでなく,ベース,歌,更にはヴォイス・パーカッションまでやってしまったのには本当にびっくりした。これは天性のエンタテインメント性と言ってもよいと思えるが,本当に多才な人である。しかも英語は非常に滑らかだし,日本語もカンペは見ていたが,しっかりした発音をしていて,この人の耳のよさをうかがわせたと思う。

選曲は超有名曲はアンコールに集中させたって感じだったが,本編の基本は"Two for Duke"からの選曲だったと思う。いずれにしても,この人たちの実力は大したものであり,こんな楽しい演奏が本当に無料だなんて,まじでラッキーであった。ということで,いつものように終演後の本人たちとの会話の様子をアップしておこう。なかなか本人たちが出てこなくてやきもきしたが,粘り勝ちである。と言いつつ,Dado Moroniは相当お腹が空いていたようなので,引きとめて悪かったような気がしないでもないが,まぁ,ファンとの交流は大事ってことで...(笑)。

Max_ionata_and_dado_moroniat 毎度のことながら,写真に写っている私の顔にはモザイクをかけておいた。ちなみに今回の戦利品は上述の"Two for Duke"へのご両人のサインとMaxの新譜への彼のサインである。ってことだが,会場ではこんな写真も。明るい人たちである。さすが,イタ~リア(笑)。

« 素晴らしかったDado Moroni & Max Ionataデュオ | トップページ | 今日は体力が残っていないので... »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

閣下、、

そうだったんだ、前回のインストアライブにもおでかけしておりましたか。でっかいのが行ってたのはおぼえてるんだけど。。

わたしは、Two for Dukは聴いてたので、ベースとヴォーカルはもしかして聴けるかな?っておもってますたー。
なので、ステージにベースがあったときは、偉そうに知人に「ダドさまだべ」と話してました。が、、、そういう問題ではなかったですね。
仰るように本当に耳の良い人なんだとおもいます。
そして、マックス!美声と、歌心、そして、演奏技術と揃った方でしたね。新譜も悶絶いたしますよ。こちらのトラバも待ってます。

あ!あちこち探しましたが、このトラバが入ってませんでした。

こんにちは〜
楽しそうですね♪
お江戸はいいなぁ(T_T)

お二人との会話とサインタイムも いつもながらいいですね!

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

Maxの前回の来日時には,姫と初めてお会いしただけでなく,crissさんともお会いして,crissさんと私はオフ会モードで激しく飲んでしまいました(私のせいですが...)。

こちらのTBは入れさせて頂きましたが,早いところ,Maxの新譜も聴きたいと思います。

Marlinさん,こんばんは。お江戸はいいなぁっていうよりも,Suzuckさんのようなフットワークさえあれば...って感じですが,難しいですよねぇ(笑)。

毎度毎度同じようなパターンで恐縮ですが,これもライブの楽しみってことで。機会があれば,金沢,新潟もしくくは東京でオフ会やりたいもんですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59789990

この記事へのトラックバック一覧です: Dado Moroni & Max Ionataライブ参戦記(続):

» TWO for DUKE (Max Ionata Dado Moroni) @ イタリア文化会館 [My Secret Room]
TWO for DUKE @ イタリア文化会館 Max Ionata (sax) [続きを読む]

« 素晴らしかったDado Moroni & Max Ionataデュオ | トップページ | 今日は体力が残っていないので... »

Amazon検索

2017年おすすめ作