2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 早く聞きたいCSNY、1974年ライブのボックス・セット | トップページ | 見たいと思っていた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見た。 »

2014年6月 7日 (土)

7月来日!Me'Shell Ndegéocelloの新譜は結構ヘヴィーだ。

Comet_come_to_me "Comet, Come to Me" Me'Shell  Ndegéocello(Naive)

定期的にアルバムをリリースしているMe'Shell  Ndegéocelloであるが,この人の音楽もアルバム毎にいろいろな個性を発揮していて,捉えどころがないと言えば,まさにその通りである。しかし,私は彼女の本質は私が彼女の最高傑作と推す"Peace beyond Passion"で聞かせたヘヴィーなファンクだと思っている。届けてくれるアルバムのクォリティは毎度高いのだが,そうしたヘヴィーさが若干薄いなぁなんて思っていたのも事実である。

だが,今回の音は結構ヘヴィーで,私の望む彼女の音に近づいてきた感がある。こういう感じってのは久しぶりのような気がするが,熱狂的あるいは躍動的なリズムとかはないのだが,それとは異なるかたちで,彼女の世界を表現しているこのアルバムは,近年で一番好きなアルバムとなったと思う。

冒頭はスパニッシュ・ギターのような音が聞こえてきて一瞬びっくりするが,すぐにMe'Shell Ndegéocelloらしい曲想に変わる。意外だったのがDoyle Bramhallの客演だが,2曲の参加ながらちゃんといい仕事をしているのは立派である。相変わらず渋いギターである。えぐいファンクという感じではないが,これはいいねぇと思わせる一作である。星★★★★☆。

Personnel: Me'Shell Ndegéocello(vo, b), Chris Bruce(g, b), Jabin Bruni(key), Sylvester Earl Harvin(ds, perc), Amp Fiddler(synth-b), Kaveh Rasteger(b), Gabe Noel(cello), Johnathan Wilson(g), Doyle Bramhall(g, vo), My Brightest Diamonds(vo)

« 早く聞きたいCSNY、1974年ライブのボックス・セット | トップページ | 見たいと思っていた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見た。 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59770616

この記事へのトラックバック一覧です: 7月来日!Me'Shell Ndegéocelloの新譜は結構ヘヴィーだ。:

« 早く聞きたいCSNY、1974年ライブのボックス・セット | トップページ | 見たいと思っていた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見た。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作