2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 待望のEnrico Pieranunziの新トリオの第2作 | トップページ | 中山康樹の本としてはましだった「キース・ジャレットを聴け!」 »

2014年5月12日 (月)

陰鬱ではあるが,非常によくできている「プリズナーズ」

Prisoners 「プリズナーズ("Prisoners")」('13,米,Summit)

監督:Denis Villeneuve

出演:Hugh Jackman, Jake Gyllenhaal, Paul Dano, Maria Bello, Viola Davis, Melissa Leo

これはなかなか見応えのある映画である。が,巷で話題になっているという話は全く聞こえてこないのが残念な話である。ただ,この映画,相当に陰鬱なので,見に行くには相当の覚悟が必要だと思う。

典型的にアメリカ的な住宅街で起こった少女失踪事件に関与する被害者の家族,刑事,そして容疑者の心理や行動が非常にしっかりと描かれていており,オリジナル脚本としては相当よくできていると思う。もちろん,設定に無理がないわけではないという指摘はあると思える。しかし,そんな瑕疵を感じさせないだけのストーリーテリングのうまさ,そして演技陣の頑張り,特にHugh Jackmanは予想以上に気合が入った演技が印象的である。娘を思うがゆえに,どんどん常軌を逸した行動に出るHugh Jackman演じるKeller Doverの姿に共感できるかどうかというのもこの映画を評価するポイントになろうが,あそこまではいかなくても,警察の捜査に対する不満のような点は,家族だったらありだろうなぁなんて思えてしまう。ただ,その常軌の逸し方が半端ではなく,その描写にはかなりショックを感じてしまう人も多いのではないかと思う。

そうした中で,容疑者として描かれるPaul DanoやDavid Dastmalchianの描き方がうまく,その不気味さが際立っているのも,この映画の質を高めた要因であるように思える。ただ,いろいろな意味で描写にえげつない部分があるので,気が弱い人には注意が必要と思う。だが,153分という結構な尺にもかかわらず,緊張感を途切れさせることなく演出したDenis Villeneuveの手腕は評価に値すると思う。そして,タイトルの「プリズナーズ」の意味を考えると,非常に重層的な意味を持っているように感じられて,感慨深い作品である。星★★★★☆。

昨今,世間では「アナ雪」ばかりが話題になっているが,その一方でこういうよく出来た映画が見逃されるのだとしたら,それは非常に惜しいことである。但し,家族連れにはこれほど適さない映画もないな(笑)。

« 待望のEnrico Pieranunziの新トリオの第2作 | トップページ | 中山康樹の本としてはましだった「キース・ジャレットを聴け!」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。陰惨なのに目が離せない、見応えのある映画というのは全く同感です。当方からもTBさせて下さい。

1irvingplaceさん,こんにちは。TBありがとうございます。

この映画,もう少し注目を浴びるに値する映画だったと思いますが,こういう映画ですから,まぁ仕方がない部分もあったかなと思います。でもご覧になっても決して時間の無駄だったとは感じさせない映画だったのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59617316

この記事へのトラックバック一覧です: 陰鬱ではあるが,非常によくできている「プリズナーズ」:

» Prisoners: プリズナーズ [あ/た/ま]
プリズナーズ [Blu-ray]クリエーター情報なしポニーキャニオン  感謝祭の日、ケラー(Hugh Jackman)の6歳の娘は幼馴染と2人で忽然と姿を消してしまう。間もなく警察は寡黙な青年アレックス(Paul Dano)を逮捕するが、確証を得られないまま2日で釈放してしまう。ダノと...... [続きを読む]

« 待望のEnrico Pieranunziの新トリオの第2作 | トップページ | 中山康樹の本としてはましだった「キース・ジャレットを聴け!」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作