最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中古で拾ったTony Malaby入り正調フリー・ジャズ | トップページ | Liebman全面参加。フリー×クリムゾンみたいな感じのMachine Mass。 »

2014年5月25日 (日)

Bob Reynolds:メンツはよくてもリーダーがなぁ...

Bob_reynolds "Somewhere in Between" Bob Reynolds (自主制作盤)

全く見ず知らずのミュージシャンであるが,John Mayerのゲスト参加や,その他のメンツにつられて購入したものである。Eric Harlandは言うまでもなく,渡辺香津美とも共演しているJanek Gwizdara,昨年Will Leeのバンドで来日したOli Rockberger,そしてベテランBashiri Johnsonである。更にもう一人のゲストとしてAaron Parksの名も見えるのだから,期待してしまう。

このBob Reynoldsという人,Fresh Sound New Talentからもアルバムはリリースしているようだが,本作の購入の最大の要因は,やはりJohn Mayerの名につられたというのが正直なところである。Bob ReynoldsはJohn Mayerのツアーに参加しているようなので,その縁でのゲスト出演であることは間違いない。

そのMayerは2曲に参加して,いかにも彼らしいギターを聞かせていて,それ自体は問題ない,というよりMayerらしいカッコいいフレージングを聞かせる。そして,冒頭の"Creep"から聞き易くもいい感じのイントロ(Aaron Parksらしいピアノと言ってよい)で始まり,おおっ,これはなかなかいいのではないかと思っていたのだが,その後が続かない。本作のバックを固めるメンツは決して悪くないのだが,いかんせんリーダーのサックスが平板で,音もフレージングも魅力に欠けるというのが難点である。

だから,バックの演奏を聞いている分には,あまり問題ないのだが,リーダーのサックスが鳴り出すとこれはダメだと思わせる。名匠Matt Pearsonのプロデュースをもってしても,この程度のアルバムに留まったというのは,それはこのBob Reynoldsという人の限界である。これだけのメンツを集めながら,惜しいと言わざるを得ない。

ということで,メンツ買いはギャンブルみたいな部分があることは事実としても,これははずしたなぁと思わされた一枚である。本人はこれはストレートなジャズでもなく,ポップでもなく,その中間,即ちアルバム・タイトルの"Somewhere in Between"だとライナーには書いているが,こっちから言わせれば,こういうのを中途半端って言う。バック・バンドに免じて星★★。まぁ,購入した私の自己責任だが,これはダメだな。

Recorded between December 16 and 18, 2011

Personnel: Bob Reynolds(ts, ss), Eric Harland(ds), Janel Gwizdala(b), Oli Rockberger(p, el-p, org. clavinet), John Shannon(g), Bashiri Johnson(perc) with Aaron Parks(p), John Mayer(g)

« 中古で拾ったTony Malaby入り正調フリー・ジャズ | トップページ | Liebman全面参加。フリー×クリムゾンみたいな感じのMachine Mass。 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59696687

この記事へのトラックバック一覧です: Bob Reynolds:メンツはよくてもリーダーがなぁ...:

« 中古で拾ったTony Malaby入り正調フリー・ジャズ | トップページ | Liebman全面参加。フリー×クリムゾンみたいな感じのMachine Mass。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作