最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« David Lettermanの引退発表... | トップページ | Jeff Beck at 東京ドーム・シティ・ホール! »

2014年4月 7日 (月)

Colin VallonのECM第2作:デリバリーされてから結構経つが,ようやくアップ。

Colinvallonlevent "Le Vent" Colin Vallon(ECM)

手許にCDは結構な数がデリバリーされているものの,3月は異常に多忙で,ちゃんと聞いている時間が取れなかった。ここに来てようやく時間も少しは取れるようになり,このアルバムもようやく聞いたって感じである。

Colin Vallonと言えば,ECM第1作"Rruga"をリリースしたのが約3年前。これは彼のECMレーベルにおける第2作となるが,前作を評して私は「中音域が中心で,かなり落ち着いた響きを醸し出している」と書いている(記事はこちら)が,その印象は本作でも変わらない。ECMらしいクールで静謐な音楽である。前作からの変化はドラマーの交代であるが,基本路線は同じと考えてよい。ただ,前作で聞かれた現代音楽的なアプローチは影を潜め,静的な音楽で統一しているイメージが強い。これは前作がメンバーの曲を持ち寄ったものであるのに対し,今回はVallonの曲が中心になっているからかもしれない。

冒頭の"Juuichi"とは11を意味しているのかはよくわからないが,不思議な変拍子なので,11拍子にでもかけているのだろうか?とにかく不思議な感じの曲である。その後もアルバムを通じて,ある意味環境音楽のような音楽が流れ続ける。感覚的にはフランス映画のBGMのようだと言ってもよいかもしれないぐらいの感じなのである。鳴っていても何の妨げにならないだろうが,一方で耳をそばだてる瞬間もないわけではない。そうした音楽であるから,実は純粋に音楽としての評価は難しいのだが,それでもやっぱりECMだよねぇという音である。極めて詩的と言うべきか。

だが,残念ながら本作には強烈な個性というものが感じられない。ECMの膨大なカタログの中で,このアルバムを改めて取り出す機会が何度訪れるかはやや微妙である。私にとってはECMのピアノ・トリオであれば,もっと聞きたくなるアルバムが何枚もあるっていうことである。そうした点を鑑みれば,星★★☆程度が適当な評価と思う。ECMだからこそ成り立つのであって,これが別のレーベルからリリースされていたら,注目度も全然違ったと思える一作。

唯一ビートらしきものが現れる"Pixels"(それでも途中でビートはなくなる)などを聞いていると,やっぱりフランス映画のサントラみたいなのだ(笑)。う~む。フランス映画のサントラが嫌いって言ってるんではないのだが...。

Recorded in April, 2013

Personnel: Colin Vallon(p), Patrice Moret(b), Julian Sartorius(ds)

« David Lettermanの引退発表... | トップページ | Jeff Beck at 東京ドーム・シティ・ホール! »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

この人、ECMから出さなければ評価はあまりされないような気がしますが、ゆったりと繰り返されるようなフレーズを聴いていて、不思議なトランス感覚にハマるので、それも、まあ、面白いかなあ、なんてことを考えました。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私もECMは好きなので,こうした音に抵抗はありません。ですが,音楽としてあまり面白みを感じなかったんですよねぇ。あまりこういうことってないんですが,この人のピアノが中音域過多ってのが影響しているように思えます。

でも,次に聞いたら,全然印象が違うかもしれませんね。

音楽狂さん、おはようございます。
コメント、リンクありがとうございました。
このトリオ初めて聞いたんですが、ベースやドラムスが表に出なさすぎでビートを感じられず、かといって流しておくBGMにしては暗すぎるし、日常いつ聞くのがいいか困る作品でした。この暗さはこれはこれでいい気もするんですけどね。
TB代わりにリンク張らせて頂きます。
http://musicpromenade.blogspot.com/2014/04/colin-vallon-trio-le-vent.html

とっつぁんさん,おはようございます。リンクありがとうございます。

おっしゃる通り,日常いつ聞くのがいいかは考えちゃいますね。この人,もとからこんな感じではありましたが,1作目よりも更に中庸化(中音域化,変化の乏しさ)が進んでいるように感じられました。それが私の評価を下げた最大の理由です。

まぁ,これはこれでいいんでしょうけど,ここまで行くと私としてもちょっとなぁ...って感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59416012

この記事へのトラックバック一覧です: Colin VallonのECM第2作:デリバリーされてから結構経つが,ようやくアップ。:

» Le Vent/Colin Vallon Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き2日目。今日のコリン・バロン・トリオはなかなかマニアックで [続きを読む]

« David Lettermanの引退発表... | トップページ | Jeff Beck at 東京ドーム・シティ・ホール! »

Amazon検索

2017年おすすめ作