2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 先日のBlue Noteでのライブの模様が蘇るJohn McLaughlinの最新ライブ作 | トップページ | Claudio Filippiniの新作はあまりに普通で面白くない。 »

2014年4月24日 (木)

ロックだぜい!Bob Seger & the Silver Bullet Bandのライブ盤

Live_bullet "Live Bullets" Bob Seger & the Silver Bullets Band (Capitol)

RollingStone誌の読者投票で70年代最高のライブ・アルバムに選ばれた作品である。読者投票が作品の質を反映するとは思わないが,なぜこのアルバムがAllman Brothers Bandのフィルモアでのライブよりも上位に来るのかをどうしても知りたくて,発注してしまった私である。だが,本作を聞いてよくわかった。とにかくロックなのだ。

この作品が評価されなければならないのは,本作がきっかけとなってBob Segerがローカルの優れたロック・バンドから全米でも屈指の人気バンドに変貌したことであろう。今回の読者投票を見ていると,KissやCheap Trickもそういう系統に当たるが,このBob Segerのアルバムを聞いて私は正直ぶっ飛んだのである。彼のベスト・アルバムに入っているような曲がほとんど入っていないにもかかわらず,これは間違いなく人の心を捉えるだろうと思わせる。とにかく,ロックの魂とでも言うべきものを私はここでの演奏に感じる。とにかく熱い。だから聞いている方は自然に燃える。

もちろん,彼らの地元と言ってよいデトロイトでのライブということも作用している部分はあるだろうが,ここには「右肩上がり」の勢いというものがヴィヴィッドに捉えられていると言ってよい。私はこれまでBob Segerはベスト盤で聞いていた程度だが,これを先に聞いていれば,もっとファンになっていたかもなぁなんて思ってしまった。私がアメリカン・ロックっていいよねぇなんて思った契機の一つにDoobie Brothersのライブ映像を中3か高1の頃に見たことがある。あれは多分"Stampede"期のライブであるからそれぐらいである。ワイルドなロックに痺れた私だったが,そこでこのアルバムを聞いていても多分同じような反応を示していたであろうと思わせる演奏なのである。

典型的アメリカン・バンドによるワイルドなロックとでも言うべき,私好みの音がフルフルに詰まっている。いずれにしても,今更ながら,こうした作品に目を向けさせてくれたRollingStoneの読者投票に感謝したくなった私である。私ももう50を過ぎているが,年齢は関係なく,やっぱり男はロックだぜと言いたくなってしまうようなアルバム。喜んで星★★★★★を謹呈する。ただ,ボーナス・トラックは雰囲気が違うので,明らかに蛇足。それでもこのアルバムは最高だぜぃ。

だからと言って,これ以上Bob Segerのアルバムは買わんだろうが...(爆)。

Personnel: Bob Seger(vo, g, p), Drew Abbott(g, vo), Alto Reed(ts, as, bs, perc, vo), Robyn Robbins(org, p, key), Chris Campbell(b, vo), Charlie Allen Martin(ds, vo)

« 先日のBlue Noteでのライブの模様が蘇るJohn McLaughlinの最新ライブ作 | トップページ | Claudio Filippiniの新作はあまりに普通で面白くない。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私はすべてのジャンルを聴きますが、浅いです。でも、たまに少し掘り下げるときもあります。ボブ・シーガー、J・ガイルズ・バンドは共に最高のライブ・バンドだと思います。ザ・バンド、CCR等はスタジオ録音をライブで再現?みたいな、それぞれのスタイルがあります。スタジオ録音のまんま、といっても演奏技術が低いわけでもありません。ロックは特にバンド・フロンマンのMCがキモかも。そこが日本で(言葉の壁)?

ブラウンさん,おはようございます。コメントの順番が前後して申し訳ありません。

私のが場合,掘り下げて聞き出すと,なかなか止まらなくなってしまうところもあります。蟻地獄(笑)。

本作にしても,J. Geils Bandにしてもライブは評価が高いものですよね。本作に限っては私が知らなかっただけってことになってしまいます。なんたる無知...。

MCに関して言うと,おっしゃる通りで,雰囲気を作り出すには重要な要素ですね。ここでのBob SegerのMCを聞いていると,喋りからしてロックですからねぇ。でもこの人の英語は意外に(?)わかりやすいものですね。時代もあるんですかねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59495910

この記事へのトラックバック一覧です: ロックだぜい!Bob Seger & the Silver Bullet Bandのライブ盤:

« 先日のBlue Noteでのライブの模様が蘇るJohn McLaughlinの最新ライブ作 | トップページ | Claudio Filippiniの新作はあまりに普通で面白くない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)