2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Joni Mitchellの楽譜をゲットして思うこと。 | トップページ | Victor Bailey:最近はどうしているのやら... »

2014年3月17日 (月)

「エージェント・ライアン」:久々に映画の話なのだが...

Jack_ryan 「エージェント・ライアン("Jack Ryan: Shadow Recruit")」('14,米,Paramount)

監督:Kenneth Branagh

出演:Chris Pine,Kevin Costner,Keira Knightley,Kenneth Branagh

Tom Clancyの原作に基づくJack Ryanシリーズも5本目であるが,これはオリジナル脚本によるものらしい。私はこのシリーズを熱心に見ているわけではなく,「レッド・オクトーバーを追え!」ぐらいしかまともに見た記憶がない。なんでこの映画を見に行く気になったかと問われれば,頭をあまり使いたくない気分で選んだら,これにしていたというのが正直なところである。よって,正直なところ,何の期待もかけていないままで行ったようなものである。

そして,告白してしまえば,久しぶりに映画館で寝てしまったようである。途中でストーリーが完璧に飛んでいる(笑)。よって,一部,前後の脈略がつながらない部分があるのだが,それでも大して問題にならないというその程度の映画である。冒頭は結構いいのではないかと思わせるが,その後が続かないのは明らかに映画としての魅力不足。派手なアクションはそれはそれでいいとしても,非常に空虚な感じが残る。最近,Chris Pineは「スター・トレック」シリーズをはじめ,いろいろ顔を出しているが,CIAのエージェントって感じが全然しないし,何でもかんでも出りゃいいってもんじゃないだろうと言いたくなる。まだカーク船長を演じている方がいいぞ。いずれにしても,今の時代にこういうストーリーってのは無理があるのではないかと思わせる一作であるが,シリーズ化されるとのことではあっても,次は見に行かないだろうなぁ。星★★。

ということで,「それでも夜は明ける」を見に行けばよかったと大いに後悔する私(苦笑)。

« Joni Mitchellの楽譜をゲットして思うこと。 | トップページ | Victor Bailey:最近はどうしているのやら... »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

実は映画も好きです。
「レッド・オクトーバーを追え」のときはアレック・ボールドウィン、その後の2作はハリソン・フォード、最後がベン・アフレックだったと思います。昔、本で読んだのは「日米開戦」だけですが、原作者が亡くなってもシリーズは続くんですね。
ジェイソン・ボーン・シリーズのスピンアウトはジェレミー・レナーでしたが、共演の女優もよかったですね。キーラ・ナイトレイ?(^^;

こんにちは〜
映画館も、4月から サービスが少し値上がりしますね(T_T)
夫婦50割引 というのも わたしの行く映画館ではなくなってしまい、さらには 55歳から単独で割引き に変わっちゃいます。
ますます映画館離れしちゃいそうです。
「それでも夜は明ける」こちらでは来月公開ですが、う〜む、閣下が観た感想を聞いてから 行こうかな(笑)

ブラウンさん,大変返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

Alec BaldwinやHarrison Fordはさておき,Ben Affleckはないなぁと思いつつ,Chris Pineもミスキャスト感が強いですね。ちなみに,「ボーン・レガシー」の女優はRachel Weiszですね。彼女も美人ですよね。

Marlinさん,こんばんは。

夫婦50割引の廃止って映画産業の自殺行為ではないですかねぇ。私にはインパクトが強い話です。「それでも夜は明ける」は見に行くと思いますが,4月になっちゃうかなぁって感じです。とにかく多忙な中年音楽狂(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59299245

この記事へのトラックバック一覧です: 「エージェント・ライアン」:久々に映画の話なのだが...:

« Joni Mitchellの楽譜をゲットして思うこと。 | トップページ | Victor Bailey:最近はどうしているのやら... »

Amazon検索

2017年おすすめ作