最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Donald Edwardsの3枚目のリーダー作。悪いとは思わないんだけどねぇ...。 | トップページ | 今日は久しぶりのMilt Jacksonである。 »

2014年3月12日 (水)

Paolo Fresuは最高であった。

Paolo_fresu ブルーノート東京でPaolo FresuとOmar Sosaのデュオを観た。FresuにはDevil Quartetではまって以来,それこそ一日千秋の思いで来日を待っていた。しかし,上海までとかは来ていながら,ちっとも日本には来てくれなかったので,実は日本が嫌いなのではないかとも思っていたのだが,そんなことはなかったようで,ようやくの初Fresuである。

今回,Omar Sosaとの共演ということで,二人のアルバム"Alma"も予習し,NPRのTiny Desk Concertでのライブの模様もチェックした上で今回のライブに臨んだのだが,これが予想を上回る素晴らしさであった。Cuba出身のSosaはエンタテインメント系なノリと美的なフレージングとリズミックなアプローチをミックスした演奏を行う一方,Fresuはエレクトロニクスも駆使しながら,時折循環呼吸による超ロングトーンも織り交ぜて,素晴らしいトランペッターぶりを炸裂させていた。かつ,この人の凄いところは,弱音でも音に乱れがないところである。あらゆる点でオーディエンスを痺れさせる吹きっぷりである。これまでのアルバムで,シーケンサーやディレイの使い方がうまいこともわかってはいたが,生で見ると,なるほどって感じであった。

Alma001_2 片やOmar Sosaもピアノをパーカッシブに弾いたり,ピアノとエレクトリック・ピアノの2台両手弾きをしたりと,テクニックも面白いのだが,何よりもおかしいのはまるで尻を振りながらのようなピアノ・プレイであった。これはまさに笑えるのだが,その一方でこの人のフレージングは非常に美的な部分も多く聞かれ,彼のピアノを聞きながら,私は昔の長大なソロをやっている頃のKeith Jarrettさえ想起していたのである。もちろん,Keithとは音楽性は違うものの,そうした感覚も聞かせることができるSosaというピアニストはなかなか侮れないと思った。

Stanley_music001 そんな二人の共演であるから,これは非常に満足度が高かったと言ってよい。ステージの後半では熊谷和徳のタップが加わったのだが,正直なところ,熊谷のタップはうまいとは思ったが,Fresu~Sosaの音楽とマッチしていたかと言えば,決してそんなことはないと思えた。リズミックなアプローチでは,タップがパーカッシブな効果を生み出してはいても,静的な音楽にはフィットしていないと思えたのは事実である。だから,熊谷には悪いが,私はFresu~Sosaのデュオをもっと聞きたい(よりはっきり言ってしまえば,タップはいらない)と思っていたクチである。まぁ,それは置いておいても,私は今回はFresuの生を見られただけで満足な訳だが,毎度のことながら,CDを持ち込んで本人とちらっと話をさせてもらった。とにかく彼には「もっと日本に来てね~」とは言っておいたが,次回は何とかDevil Quartetで来てくれないものか。ということで,今回も戦利品の写真を2枚だけアップしておこう。今回は4枚持ち込んだものの,最初はサイン会場にFresuが現れなくてひやひやしていたたのだが,しばらく遅れてやってきたのでよかった,よかった。

尚,今回もブルーノートにはタイミングの悪い奇声を上げまくるバカ・オーディエンスがいて,またも辟易とさせられたことは言っておかねばなるまい。何が嬉しくてあのような奇声を断続的に上げているのか私にはさっぱり理解できん!一部ではあるが,本当に迷惑な客が必ずと言っていいほどいるのがブルーノートの難点である。なんだかなぁ。経験的に言うと,音楽の聞き方としてはCotton Clubのオーディエンスの方がはるかにまし(おとなしいだけ?),というかああいうバカにはあまりお目に掛かったことがない。場所柄かねぇ...。だからブルーノートにはできるだけ行きたくないと思ってしまうのだ。本当にマネジメントは考えた方がいいだろう。

Live at ブルーノート東京 on March 10,セカンド・セット

Personnel:Paolo Fresu(fl-h, tp, electronics), Omar Sosa(p, key, vo), 熊谷和徳(tap)

« Donald Edwardsの3枚目のリーダー作。悪いとは思わないんだけどねぇ...。 | トップページ | 今日は久しぶりのMilt Jacksonである。 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

閣下、、

レポートをありがとございます!
わたしもフレズの幅の広さは追い切れません。。
トランペットの小さな音のコントロールが難しいのもわかってるつもりです。
でも、何より情感溢れるフレーズに惚れこみました。
だから、次回は、、デヴィルもいいけど、タウナーやテイラーって、、
欲張りかな。。^_^

良かったようですね。私は結局行きませんでした。Sosa以外の組み合わせやソロなら行ったと思います。
次にいつそのような機会が来るか分かりませんが、次を楽しみに待つことにします。

Suzuckさん,おはようございます。返事が遅くなりました。

Paolo Fresuはレコーディングの数も膨大なら,やっている音楽も多様で,どこが本音なのかよくわからない感じもしますが,それでもあのラッパの音を聞いたら,何でも許すって感じです。エモーショナルでもあり,メランコリックでもあり,ダイナミックでもあるという,こちらも何でもござれみたいなところがありますが,どれもFresuなんですよねぇ。大したもんです。

次は誰とでもいいですけど,演奏に集中したいですねぇ(苦笑)。

カビゴンさん,おはようございます。返事が遅くなりました。演奏自体には満足しています。

しかし,今回の熊谷和徳のゲストというのはどういう企画だったのか...。私にはタップは蛇足にしか聞こえないです。Sosaは意外に(?)よかったです。というか,知らなかっただけなんですけど(爆)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59272332

この記事へのトラックバック一覧です: Paolo Fresuは最高であった。:

« Donald Edwardsの3枚目のリーダー作。悪いとは思わないんだけどねぇ...。 | トップページ | 今日は久しぶりのMilt Jacksonである。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作