2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今日はおやすみです。 | トップページ | ここまでのソチ・オリンピックを見ていて思うこと »

2014年2月12日 (水)

面白いんだけど,そんなにいいと思えなかった「アメリカン・ハッスル」

American_hustle 「アメリカン・ハッスル("American Hustle")」('13,米,Columbia)

監督:David O. Russell

出演:Christian Bale, Bradley Cooper, Amy Adams, Jennifer Lawrence, Jeremy Renner

今年2本目の劇場映画である。昨年公開された「世界にひとつのプレイブック」は楽しい映画であった。その前の「ザ・ファイター」もよかった。この事実からして,David O. Russellは信頼できる監督だということはわかっているし,今回のオスカーでも主要部門に軒並みノミネートということで,評価も高いという前提が成立するから,この映画は正直言って非常に楽しみにしていた。

結論から言えば,相応に面白い映画であることは事実である。だが,私が期待していたほどではなかったというところなのがちょっと残念である。その要因としては,前半の展開がややスローに感じられるからだと思うのだが,盛り上がってくるのはJeremy Rennerが本格的に登場してくる中盤以降ということになるように思える。

演じる俳優陣は立派である。特にChrisitian Baleの変貌ぶりからは,この人がついこの前,バットマンを演じていたとは思えないが,「ザ・ファイター」では激ヤセ,そして今度は激太りと,役ごとに見た目を変化させるのは,まるで往年のRobert De Niroのようであるが,そのDe Niroがキャメオ出演(クレジットすらされていないが,キャメオと言うには存在感あり過ぎ...)しているのはそうした部分とも無関係ではないように思える。そして,Amy Adamsのセクシー衣装の連発には目がクラクラしていた私である。"Man of Steel"のLois Laneの時と違い過ぎである。Bradley Cooperはまぁそこそこと思うが,この人,何でもできるねぇと思わせるのがJennifer Lawrenceである。X Menから本作まで,彼女が演じたキャラクターの「落差」を思うと,物凄い。私は見ていないが,「ハンガー・ゲーム」にも出ているんだから,何をか況やって感じである。上記の4人の役者は主演,助演の男女優賞にノミネートされているが,それもまぁうなずけるという演じっぷりである。そして,Jeremy Rennerもヘア・スタイルが笑えるが,演じている役を考えると,この人も芸域が広い。本当に達者な役者を揃えているところが,この映画の肝である。

だからこそ,もう少し面白く仕立てられたのではないかとも思えるが,どこまでがリアルで,どこまでが詐欺なのかという,往年の「スティング」のようなノリであるならば,「スティング」を凌駕することはできないとしても,それに近い路線まで持って行けたのではないかと思える。私からすれば,もう少し「笑い」の要素があるぐらいの方がよかったように思える。それが残念と言えば残念である。オスカーに10部門ノミネートと言うのは,私からすればやや過大評価ではないかと思う。それでも面白いことは面白いので,やや甘めの星★★★★ってことにするが,私はRussell作品ならば,前作,前々作の方がずっとよかったと思う。

« 今日はおやすみです。 | トップページ | ここまでのソチ・オリンピックを見ていて思うこと »

映画」カテゴリの記事

コメント

まもなく公開のキックアス2楽しみにしてます~!

ジョン暖簾さん,こんばんは。"Kick Ass 2"ですか。本国ではこのシリーズ,結構評判がいいですが,日本ではどうなんでしょうか?関心ありますねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59074707

この記事へのトラックバック一覧です: 面白いんだけど,そんなにいいと思えなかった「アメリカン・ハッスル」:

« 今日はおやすみです。 | トップページ | ここまでのソチ・オリンピックを見ていて思うこと »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作