最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 五輪観戦疲れの中年音楽狂 | トップページ | 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 »

2014年2月20日 (木)

ブルーノートの客質を憂う...。それも特定のだ。

Roy Hargroveのビッグバンドのライブを見るためにブルーノートに行ってきた。演奏は楽しめるものだったことは間違いない。だが,私は1人のアホな聴衆ゆえに演奏中,かなりの時間,辟易とした気分になっていた。

ライブの場で音楽を楽しむことは全然問題ない。だが,楽しむことと,他の聴衆への迷惑を顧みず奇声を上げて騒ぐことは別である。タイミングの悪い合いの手,更にはビートに合致しない手拍子は迷惑以外の何物でもない。あのような客を放置するブルーノートというクラブのマネージメントにははっきり言っておきたい。ライブ・ハウスには相応の"Quiet Policy"が必要だということである。多少の羽目の外し方なら目をつぶることもできる。だが,今回はあまりにひどい。何事にも節度というものが必要なはずだということを理解できぬアホのせいで,周りの聴衆は不快な思いをしていたはずである。同じ金を払って,あのバカの隣に座った女性こそ不幸である。私なら金返せと言うわ。

迷惑千万のあのうつけ者がこのブログを見るとは思わないが,はっきり書こう。ステージに向かって左側のアリーナ指定に座って上着を脱いでいたお前だ。ライブの場はお前だけのものじゃない。あんな奴に注意もできないようでは同行していた2人も同罪である。そして,ブルーノートのマネージメントはもう少しなんとかするのが筋だろう。このうつけ者,一度中座したらちょっと静かになったので,流石に店から警告されたのかもしれんが,それも長くは継続しなかった。頼むからああいう客は出入り禁止にして欲しいもんだ。

ライブ観戦記はまた改めて。それにしても腹が立つ。だがそれはHargrove,バンドのメンバー,更には他の聴衆のせいでは決してない。たった一人の聴衆のせいなのだ。ブルーノートにはもっとしっかりしろと改めて言っておく。

« 五輪観戦疲れの中年音楽狂 | トップページ | 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です!そうですよね。
こちらは高いチャージを払っているのですから、そういう客にはチャージ代持たせてでも追い出すくらいの毅然とした店の姿勢を見せて欲しいですね。

天狗BOYさん,こんにちは。

ビジネスですから,毅然とした態度も取りにくいとは思いますが,あれは本当に目に余るものがありました。私はNYCのブルーノートも嫌いなのですが,東京も似たようなもんだと思ってしまいました。

何度となく足を運びましたが…
BNTはジャズリスナーのための場ではなく、むしろluxuryな雰囲気を楽しみたいプチリッチなお方の遊技場、ないしは頑張ってタイマイはたいて彼女をもてなすデートスポットとして、成立している場と感じます。
コットンクラブもモーションブルーも、大なり小なり同じ傾向にあると思います。
そもそも、日本はジャズに限らす海外アーティストのライブのチケットが超インフレで辟易としてます(- -;
最近は邦人ジャズがホットなので、聴きに行くならそっちを、私的には狙おうと思っていますw
日本にもニッティングファクトリーみたいなスポットができるといいですね!

betta_taroさん,こんにちは。

「BNTはジャズリスナーのための場ではなく、むしろluxuryな雰囲気を楽しみたいプチリッチなお方の遊技場、ないしは頑張ってタイマイはたいて彼女をもてなすデートスポット」というのはまさしくおっしゃる通りだと思います。明らかに違うだろうって人,多いですもんねぇ。コットンクラブはまだましですが...。モーションブルーは行ったことがないのでわかりませんが,まぁ,この3店,同じ資本のはずですからねぇ。

ただ,今回の輩は結構な頻度で出没しているらしく,それが事実とすれば,「自分はジャズがわかっている」とでも思っているのではないですかね。私からすれば真逆な感じですが(笑)。

チャージが高騰するのは旅費を含めて考えれば,ある程度は仕方がない部分もありますが,確かに高過ぎるのは事実です。もっと気楽に楽しみたいところですが,なかなかそうもいきませんね。

コメントバックj頂き恐縮です。

今回のこまったちゃんは、確かに自称ジャズファンの可能性が高そうなので、私のコメントはちょっとポイントがずれていたかもです。すいません。

そうそう、昔クラシックを聴いていた頃、「ブラボー君(と私が読んでいる)」というガッカリするヤカラがいました。
続いている楽曲の途中で、誤って拍手してしまうのは、まだ許せるのですが…
楽曲終了後、素晴らしい演奏の場合…
ひと呼吸おいて「ブラボー!」というのが正しい作法なのですが、終わった瞬間に、間髪いれず「ブラボー!」しちゃんですよ!
これをヤラレルとカナリ萎えます。

要は、KYな困ったチャンは、誰でもFEEを支払えば入れる、準オープンスペースには、存在しうるって事で…
本当で迷惑&ガッカリな話ですが、防止策は難しそうですね… 

ではでは

betta_taroさん,こんばんは。

いますよねぇ,ブラボー野郎(笑)。音楽の余韻を打ち消すかのごときブラボーは演奏家に対して失礼だってことがわかってない人はいますね。

まぁ,仕方がないと言えば仕方ないですが,最低限の公共のルールと言ってよいようなことは守って欲しいもんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59165360

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノートの客質を憂う...。それも特定のだ。:

« 五輪観戦疲れの中年音楽狂 | トップページ | 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作