2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 面白いんだけど,そんなにいいと思えなかった「アメリカン・ハッスル」 | トップページ | 美的感覚の極致:Lars Danielsson & Leszek Możdżer »

2014年2月13日 (木)

ここまでのソチ・オリンピックを見ていて思うこと

私は何だかんだと言いながらもTVでのスポーツ観戦が好きな方だと思うが,今回もよせばいいのに冬季オリンピックの中継で,睡眠時間を削っている状態である。オリンピックは国威発揚の場というか,人間の心の中に潜むナショナリズムをあぶり出してしまうことがあると思うが,私としては同胞を応援したくなるだけで,どこかの国の政治家がのたまう「愛国心」等とは別の次元のものだと思っている。そもそも愛国心は人から押しつけられるものではないし,それぞれの人間がいろいろな感じ方を持つものだろう。

それはさておき,今回のオリンピックであるが,ロシア国民の熱狂的な応援ぶりには正直辟易とさせられる部分はあるが,まぁそれは仕方のないこととして諦めよう。

一方,これまでの競技を見ていて思うのは,メディアがメダル,メダルと喧し過ぎるように感じるのは私だけだろうか?もちろん,スポーツである。競技者としては少しでも上の順位を目指してやっていることはわかる。だが,その結果として,メダルに届かなかったとしても,選手たちが全力を尽くしたのであれば,何ら恥じることはない。そんなところに団長だからと言って,橋本聖子がメダルの数がどうのこうの言うのは違和感しか覚えない。彼女は競技者出身なのだから,競技者の心理はわかっているはずなのに,一番メダル数にこだわっているのは自分の手柄にしたいというように思えて,正直言って感じが悪い。

だからこそ,今回の競技終了後の上村愛子の対応に,私は感動させられた。本人は「清々しい」と言う表現を使っていたが,やり切ったからこその達成感があるがゆえの彼女の反応だったのだと思う。競技を見ていて,彼女が本来3位に相当する滑りだったというのももっともな意見だとは思うが,ジャッジの見る目と,我々の見る目は違っていて当然だし,一般の人間がよくわからないルールというのもあったように思う。上村愛子のスピードは群を抜いていたし,大きなミスもなかったように私にも思えるが,上体のブレまで気にして見ていたわけではない。だが,上村愛子はそうした点を理解した上で,果敢に,かつアグレッシブに攻めた結果があの成績であったと考えていたように思えてならない。おそらくは自分らしさにこだわった結果が4位という成績だったのだろうが,世界で4位って凄いことである。サッカーのW杯であれば,準決勝まで進出しなければなれない順位なのだと考えれば,その凄さはわかるはずである。残念だったというのは事実としても,本来は「お疲れ様,そしておめでとう」という言葉こそフィットするのだと思う。それは高校生ながらW杯で圧倒的な強さを示したが,今回は4位になった高梨沙羅にも当てはまる。今回は惜しかったと思うが,風に恵まれないという不運は彼女の実力とは関係ない。不運の中での4位は本当に立派な成績である。

スピード・スケートの加藤条治,長島圭一郎,そして小平奈緒も5位,6位,5位というのは表彰台を目指してやってきた本人たちには納得できないかもしれないが,まわりの人間からは祝福されるべき成績だと思うのだ。

もちろん,メダルを獲得した平野歩夢,平岡卓,そして渡部暁斗は立派なものである。そして,渡部のメダル獲得に大泣きをしていた荻原次晴には私ももらい泣きしてしまった。だからと言って,その他の出場者の価値が下がるわけではない。少なくとも国を代表して参加したのだから,成績がどうであれ,全員に胸を張って帰国してもらえばいいと思う。

随分青臭くも理屈っぽい記事を書いてしまったが,これまでのところの正直な感想である。もちろん,同胞がいい成績を収めることは素晴らしいことであるが,今一度,「参加することに意義がある」という五輪の精神に立ち返ってもいいように思える。そうは言いながら,同胞の活躍を期待して,これからも夜を徹していろいろな競技の放送を見て,寝不足で昼の仕事に臨むってことになるだろう。まぁ,6月のW杯に向けてのトレーニングってことで(爆)。

« 面白いんだけど,そんなにいいと思えなかった「アメリカン・ハッスル」 | トップページ | 美的感覚の極致:Lars Danielsson & Leszek Możdżer »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まさに、おっしゃる通り。私も同じ場面で感動し、同じ場面で、泣きました。
荻原次晴さんは、現役時代も、表彰台に上がる双子のお兄さんを、見守って来られた歴史があったはずです。
彼のテレビ番組での活躍には、温かい思いやりの心を何度も感じてきましたが、あの涙は、泣けましたね。
葛西選手のラージヒルも泣けました。
どんなに努力しても、何故か?
メダルに手が届かない、表彰台に上れない、そういう人が実際は多く、やがて引退していく、、そんな中で、現役を続行、夢は金だったかもしれませんが、見事な銀、、メダルにこだわることはない、努力を讃えたい、とこちらが思っても、メダルにこだわり続けた彼の努力には、やはり讃えたい。
クロスカントリーの板交換のシーンも、感動です。実際、敵チームに、板の交換をしてくれたコーチの奥さんが、過去のオリンピックで同じ経験をして、銀メダルを取った。でも、板をかえてあげたチームは4位だった。板を敵チームにかえなければ、自分達が3位に入れたかもしれないのに、、、と、普通の人は思う。でも、
こういう無償の行為こそ、オリンピックそのもの。
上村愛子選手の清々しい、には、多くの人が救われました。
テレビ番組で、これでメダルの数は、いくつになりました、ってのを聞くと、違和感を覚えます。もちろん、メダルを取ることは素晴らしく、取られた選手は讃えたいですが、、視聴者は、感動するシーンに立ち会えたことに喜びを感じ、元気をもらっているように感じます。

ひまわりさん,こんばんは。同じように感じていただける方がいて下さると,安堵感をおぼえます。

メディアの論調は致し方がない部分もあるとは思いますが,私も違和感は強いです。荻原次晴の件もネット上では放送事故なんて書き方もされていたりしますが,なんて不幸なものの見方と思います。

クロカンも泣けましたが,スポーツマンシップとはああいうことだと思わせて,勝負に盲目的になる最近の傾向に対するアンチテーゼになったのではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59121652

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでのソチ・オリンピックを見ていて思うこと:

« 面白いんだけど,そんなにいいと思えなかった「アメリカン・ハッスル」 | トップページ | 美的感覚の極致:Lars Danielsson & Leszek Możdżer »

Amazon検索

2017年おすすめ作