最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 | トップページ | Marcin Wasileuskiのブート音源発見!日本公演もこんな感じならよかったのになぁ...。 »

2014年2月23日 (日)

祝来日,Paolo Fresu。

Fresu_sosa_2

Paolo FresuはDevil Quartetの"Stanley Music!"ではまって以来,来日を待ち続けてきたのだが,上海とかには来るものの,ちっとも日本には来ないので,ほとんど諦めムードだったところに,突然の来日情報である。今回はOmar Sosaとのデュオにタップの熊谷和徳が加わるという編成だが,一体どういうことになってしまうのか?

ということで,現在はSosaとFresuのデュオ・アルバム,"Alma"を聞きながら準備中である。そもそも集客も心配されるが,今回は3/10の1日限りの公演なので,Fresuファンたる者,何があっても駆けつけねばなるまい。"Alma"に加えてNPRの人気プログラム"The Tiny Desk Concert"で映像を見ながら期待値を高めている私である。何ともリリカルな"Alma"から始まるこの映像を見たら,この世界の再現を期待したくなる。いやぁ~,それにしても楽しみである。ご関心のある方はこちらをどうぞ。15分程度の演奏だが,音源のダウンロードも可能である。

http://www.npr.org/event/music/178421346/omar-sosa-paolo-fresu-tiny-desk-concert

« 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 | トップページ | Marcin Wasileuskiのブート音源発見!日本公演もこんな感じならよかったのになぁ...。 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

コメント

ジャギ専リスナーの私は、超レア盤である、M.GoodrickのCitiesの10年越しの探索のなかで、初めてP.F.の存在を知りました。
P.F.は秀逸なギター奏者を起用する事が、ままありますね。

一方、O.S.は、期待せず行ったblue noteライブで、素晴らしいパフォーマンスを聴きノックアウトされ、以降追っかけています。
組合の発行するタダ券でタマタマ行ったのですが、身銭で行った全てのblue noteライブの中で最良のパフォーマンスでした。 アルマは確か持っていたはずなので、再度、傾聴してみます<(_ _)>

このライブ行かれますか?私は、行こうか行くまいか思案中です(笑)。Omar SosaとのAlmaにそれほど感動しなかったので、、、。私はPFとTownerのライブを欧州で見たことがあるので、そのイメージを崩したくない一方、PFを見る機会は日本にいる限りなかなかないのでとも思いますし、、、。いやあ、悩みます。

betta_taroさん,更に続けてこんばんは。

Fresuと言えば私にはBebo FerraかNguyên Lêですねぇ。どっちもいいですが,Fresuはやはりコンテンポラリーな感覚の演奏がいいと思っています。

私は不勉強につき,Omar Sosaの演奏は"Alma"でしか聞いていませんが,映像を見てもなかなかいいですね。3/10への期待が高まります。

カビゴンさん,こんばんは。

私は3/10参戦予定です。とにかく,これを逃すと次はいつFresuが来るかわからないので,取り敢えず(笑)行きます。それにしてもTownerとのデュオをご覧になったとは羨ましいですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59179961

この記事へのトラックバック一覧です: 祝来日,Paolo Fresu。:

« 本当に感動するということ。その一方で嘆かわしい男...。 | トップページ | Marcin Wasileuskiのブート音源発見!日本公演もこんな感じならよかったのになぁ...。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作