2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Aaron Parks:ソロで聞かせるこのリリシズム,大したものである。 | トップページ | 超お下劣,でも無茶苦茶面白い「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」 »

2014年2月 8日 (土)

Aaron Parks参戦記(続)

Aaron_parks001 Aaron Parksのライブ参戦記の続きである。昨日の記事にも書いたが,この人のリリカルなピアノは一級品だと思った。そして,織り交ぜられるフォーク・タッチには往年のKeith Jarrettのような響きも感じさせたが,Keithよりもタッチが柔らかい感覚なので,非常に聞き易いピアノだと思えた。いずれにしても,左手も強力なのが印象的で,きっちりとピアノのトレーニングを受けているのだろうと感じさせるに十分であった。

Aaron_parks_and_i_3 演奏はどれも聞きごたえのあるものだったと思えるが,曲名はわからなかったのだが,Monkのような曲を演奏したものは,若干フィット感に欠けるというか,この人のソロ・ピアノは,スイング感覚を感じさせるよりも,美しいメロディ・ラインを奏でる方が合っていると思えた。だが,総じて言えば,この人が相当の実力者であるということを実証したライブであり,今後に期待が持てるピアニストであることを示していたと思う。終演後,彼とちらっと話したのだが,ECMではホーン入りのクインテット・アルバムが吹き込めればいいなぁというような話をしていたし,Blue Noteから出た"Invisible Cinema"のフォロー・アップ盤も計画中ということだった。

いずれにしても,話をしていても,非常に好感度の高い青年であり,育ちのよさを感じさせる人であったと言っておこう。写真は今回の戦利品と,Aaron Parksに対して,iPhoneで当ブログの画面を示し,「去年のベスト・アルバムの1枚に君のアルバムをピックアップしたんだぜぃ」と話す私。顔はいつものようにモザイクかけてます(笑)。

Live at Cotton Club on February 6, 2014,セカンド・セット

Personnel: Aaron Parks(p)

« Aaron Parks:ソロで聞かせるこのリリシズム,大したものである。 | トップページ | 超お下劣,でも無茶苦茶面白い「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」 »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

私もKeith Jarrettに似ているなあと思いました。似ているなあというのは、模倣ということでなく音色、構成、展開、などでしょうか、そこはかとなく。纏まりのある端正な曲に仕立て上げるなあと。それと、歌い出すところも。ファーストも人数としては半分くらいでしょうか。勿体無いことです。

カビゴンさん,こんにちは。

確かによく唸ってましたよねぇ(笑)。タッチは違うのですが,構成力では結構Keithに近いものがあるように感じました。Keithファンには怒られるかなぁ(苦笑)。

いろんな情報をありがとうございました。m(_ _)m

今回は、ティエリー・ラングに焦点あわせていたら、、
嬉しいことにアーロン・パークスのソロと繋がって、、二日続けて天国のようなおもいをしました。たまには、、いいとおもうのだ。笑

アーロンは、やっぱり、ふしぎちゃんなピアニストだな、、と、思いました。
静寂というよりは幻想的な世界だったな。。と、思ったりして。。
素晴らしい集中力と創造性。。繊細さ、大胆さ、この方は何でももってるんじゃないかと思ったりして。
やはり、気になるピアニストであることを確信したライブでした。

あ、弾き語りか!って、くらい、、歌ってましたね。 笑

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

Thierry Langは行きたかったんですが,場所も日程も合わなかったというのが実態です。残念です。

Aaron Parksは予想通りというか,非常に引き出しの多さを感じさせるピアニストでした。まだ発展途上って気もしますが,十分いい演奏でした。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59091868

この記事へのトラックバック一覧です: Aaron Parks参戦記(続):

» 創造の森をさまよう Aaron Parks … [My Secret Room]
Aaron Parks Piano Solo @ 丸の内コットンクラブ(2/6) [続きを読む]

« Aaron Parks:ソロで聞かせるこのリリシズム,大したものである。 | トップページ | 超お下劣,でも無茶苦茶面白い「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)