最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Rodney Green:今回のSmalls Liveの購入盤はこれだけ | トップページ | Aaron Parks参戦記(続) »

2014年2月 7日 (金)

Aaron Parks:ソロで聞かせるこのリリシズム,大したものである。

Aaron_parks Aaron Parksのソロを聞くためにコットンクラブへ出掛けてきた。詳しくは改めて書くこととするが,まだ30そこそこにしては非常に優れた表現能力を示していた。私はECMからリリースされた"Arborescence"を昨年のジャズ・ベスト作の1枚に選んだが,それがトリガーとなって,今回のソロ・ライブへの参戦となった。

惜しむらくは,客入りの悪さであったが,Aaron Parksは一切手抜きなしで演奏を展開していた。そしてそこで聞かせたリリカルな表現が素晴らしかった。そしてアンコールで聞かせた"Sophisticated Lady"は心地よい余韻を残したと言えよう。今日は夜も更けたので,続きは改めて。

« Rodney Green:今回のSmalls Liveの購入盤はこれだけ | トップページ | Aaron Parks参戦記(続) »

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

私はファーストでしたが、期待以上の演奏で好みのピアニストになりましたね。

カビゴンさん,続けてこんにちは。

そうですか。ファーストの入りはどうだったんでしょうか?セカンドは徐々に埋まったものの,半分行ったか行かないかって感じでした。もったいないですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59084445

この記事へのトラックバック一覧です: Aaron Parks:ソロで聞かせるこのリリシズム,大したものである。:

« Rodney Green:今回のSmalls Liveの購入盤はこれだけ | トップページ | Aaron Parks参戦記(続) »

Amazon検索

2017年おすすめ作