2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,永井一郎 | トップページ | 出張中に見た映画(14/01編):その2はJustin Timberlake主演作 »

2014年1月28日 (火)

ECM再発シリーズ遂に到着。このVitous,前から欲しかったんだよねぇ。

Miroslav_vitous_group "Miroslav Vitous Group" Miroslav Vitous (ECM)

韓国でのECM展の企画盤として編集された"Re: Seoul"にも一部含まれていた音源は,なぜこれまで未CD化なのか首をひねってよいものだったと思う。今回,それらが一気に初CD化され,リリースされたのは実にめでたい。私も全部買っているわけではないが,何枚かを今回入手した。その中で,特に私が欲しかったのがこのアルバムである。Ralph Townerファンの私からすれば,"Five Years Later"の方が重要だろうって話もあるが,あちらはLPも持っているし,音源も某所でダウンロードしてあったからいつでもiTunesで聞けたわけだ。しかし,本作については,何度かLPを見掛けながらも,ジャケの痛みが気になったり,アメリカ盤だったりという理由もあって,買えずにきていたものである。

そもそもこの多国籍軍とも言うべきメンツからしても刺激的で,同じメンツによる"First Meeting"もよかったし,ピアノがKenny KirklandからJohn Taylorに代わった"Journey's End"もいい出来だったのだから,その狭間のこのアルバムだけがCD化されないというのは,私には,どうしても謎というか,あるいはManfred Eicherの気まぐれにしか思えなかった。そして,このアルバムに収められた音楽を聞いてみても,「おぉっ,ECM!」と言いたくなるようなサウンドなのだから,やはり今までCD化されなかったことが不思議だと言っておきたい。

4人の共作となっているのが2曲あるが,これはまぁフリーなアプローチであるから,コレクティブ・インプロヴィゼーションと言ってもよいだろうが,美的な感覚も入れ込んでくるところに,この人たちの相性のよさを感じる。更に,この音源を聞いていて,今更ながらびっくりしてしまうのが,Kenny Kirklandの多才ぶりである。本当に何でもできる人だったと思わされるような演奏の数々である。まさにこのような才人がわずか43歳でこの世を去ったのは惜しいと言わざるをえない。

そしてこのグループではJohn SurmanもJon Christensenも十分に効いている。メンツのよさもあって,私としてはVitous個人名義のアルバムでは,"First Meeting"~本作~"Journey's End"の時期が好きだと言ってよい。こういうスリリングな展開と美的な感覚を併せ持ったアルバムなら,私はいつでも歓迎である。星★★★★☆。

Recorded in July, 1980

Personnel: Miroslav Vitous(b), John Surman(ss, bs, b-cl), Kenny Kirkland(p), Jon Christensen(ds)

« 追悼,永井一郎 | トップページ | 出張中に見た映画(14/01編):その2はJustin Timberlake主演作 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2014年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

確かに欲しい、私も。
LPで出るのを待っているのだけど、なかなか。

最近、ヴィトウスのspacyな音が好きなのです。

kenさん,続けてこんばんは。

これはいいですよ。オリジナルのLPはなかなかお目に掛かりませんが,今回の再発ってLPも出るように書いていたような気も...。

今回5枚も未CD化作品が出て、驚いていますけど、FacebookのECMレコードでも、その発表とともに読者からあれもこれもCD化してくれ、とのリクエストのコメントがあるので、将来的にはもっと出てくるんではないでしょうか。やはり再発されないのが不思議なアルバムが多いもので。

それから、LPは今回のリマスターされた音源を使用している、とありますので、オリジナル盤とはまた違った音になっているかもしれませんね。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

やはりこのアルバムが今までCD化されていなかったっていうのは非常に不思議な気がします。全員いい演奏ですよねぇ。

リマスタリングの効果のほどはわかりませんが,いずれにしても,ほかの未CD化作品もできるだけ出して欲しいと思っている人は多そうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/59014022

この記事へのトラックバック一覧です: ECM再発シリーズ遂に到着。このVitous,前から欲しかったんだよねぇ。:

» Miroslav Vitous Group [ジャズCDの個人ページBlog]
ECM初CD化旧譜聴き4日目。ミロスラフ・ヴィトウスは’70年代末ごろから’80 [続きを読む]

« 追悼,永井一郎 | トップページ | 出張中に見た映画(14/01編):その2はJustin Timberlake主演作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作