2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Will Leeを見に行ったのだが... | トップページ | 日野元彦の「流氷」:TBM再発シリーズで最も欲しかったのはこれだな。 »

2013年12月 7日 (土)

相変わらず記事の更新に苦労中だが,早いうちにWill Lee観戦記を。

24_street_band001 何だかんだで忙しい日々を過ごしているため,なかなか記事をアップできずに,どうも具合がよくないが,先日のWill Lee & Familyのライブについて,記憶が薄れないうちに記事をアップしておこう。

私の中ではWill Leeは"Late Night with David Letterman"におけるThe World Most Dangerous Band(現在のCBS Orchestra)のメンバーとしての記憶が最も深い。もちろん,私が渡米する前から,Will Leeはセッションマンとしていろいろなアルバムに顔を出していたから,そもそも認識もしていたわけだが,毎夜毎晩,TVでお目に掛かっていたら親しみも湧くってもんである。そして,今回だが,オープニングは24丁目バンドの"Quack!!"で始まり,アンコールは"Shoppin' Round Again"で締めたと記憶している。それ以外は,新作からのレパートリーが多かったようだが,アンコールの1曲目にはハーモニクスを多用した"Smile"も演奏していたが,これも新作からのレパートリーってことになる。

Metro001 そして,今回のライブであるが,とにかく芸人魂炸裂である。聴衆を盛り上げる術は"David Letterman Show"で十分に身に付けていることはこちらも承知しているが,それにしてもよくやるわ。アンコールでは客席の柱の上でプレイしているのだから,これはもう大したものである。Will LeeだけでなくChuck Loebまでやっているんだから,ますます笑えたが,Will Leeは既に還暦を迎え,Loebも還暦近いことを考えると,歳とっても元気だねぇと言わざるをえない。そして,Will Lee,やはり歌も相変わらずいけているし,体型も維持しているから,見た目は非常に若い。ついついあやかりたいなんて思っていた私である。

Bfd001 それを支えるのがSteve Gaddなのだから,何をかいわんやであるが,加えて二人の若手も結構優秀なのには驚いた。  Oli Rockbergerの方はBrecker Brothers Reunion Bandでも演奏していたので知っていたが,これが初めてのGiulio Carmassiはキーボードだけでなく,ギター,サックス,フリューゲルホーンもこなすマルチ・インストゥルメンタリストで,そのどれにも破綻がないのは立派である。まだまだ若いと見たが,やはり米国の音楽界は奥が深いねぇと思ってしまった。この二人は昨年の来日時にも同行しているようだから,定期的にやっているのかもしれないが,それにしても大したものである。

まぁ,演奏はエンタテインメントに徹して楽しいものであったが,先日も書いたとおり,私の体調が今イチだったのはつくづく惜しい。そして,終了後のサイン会にはWill Lee,Chuck Loebに加えてSteve Gaddまで登場したが,私はWill Lee関係作しか持っていかなったのは惜しかった。まぁ,話はしたからいいんだが(笑)。ということで,今回は収穫の3枚の画像をアップしておこう。24丁目バンドのHiram BullockのサインはWill Leeが真似してしたもの(笑)。Metroはこれで4人分揃い(W. Haffnerはダブっているが),そしてBFDのようなマイナー盤もちゃんとWill Leeは記憶していたのが素晴らしいねぇ。

Live at Cotton Club on December 5, 2013, 2nd Set

Personnel: Will Lee (b,vo), Steve Gadd (ds), Chuck Loeb (g, vo), Giulio Carmassi (key,g, fl-h, ts, vo), Oli Rockberger (key,vo)

« Will Leeを見に行ったのだが... | トップページ | 日野元彦の「流氷」:TBM再発シリーズで最も欲しかったのはこれだな。 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜
風邪は大丈夫ですか?

楽しそうなライブですね♪ たくさんサインもいただいていいなぁ〜

今年は 閣下のライブレポ記事を たくさを読んだような。
好きなミュージシャンの演奏を生で聴けるのは ほんといいですよね♪

Marlinさん,こんにちは。風邪は長引いています。まだまだ完全には程遠いですが,そのうち治るを思うしかありません。

ライブは今年はよく行きましたねぇ。多分,今年はこれで打ち止めですが,ライブにはライブのよさがありますよね。来年もできるだけ行きたいなぁと思っています。さて,Stonesはどうしますかねぇ...(苦笑)。

お大事に、、私の周りも風邪の人多いです。多少、体調が優れなくてもライブに行かれる気持ちわかります。生はいいですよね。   
Chuck Loebは、今年何回か来日して下さり、私のCDも全てサイン付きになりました。Will Leeと言うと、どうしても音楽狂さんのNYCのこぼれ話を思い出しますが、Jazz界では60歳過ぎてもますます若くて、素敵な方が多々ですね。そういえば、JLFのHaciendaがグラミーのBest Pop Instumental albumにノミネートされたみたいですね。この機会に、来日、今度こそ、なんて思います。

ひまわりさん,こんにちは。風邪は相変わらずですが,徐々によくはなっているようです。

今回もライブを見ていて,Will Leeは60過ぎであれならもてるよねぇなんて,ついつい思っていた私です。

グラミーは特にジャズ系のカテゴリーはノミネーションの基準がよくわからないところがありますが,グラミー受賞が日本への招聘への呼び水になればいいと考えれば,是非頑張って欲しいものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58713362

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず記事の更新に苦労中だが,早いうちにWill Lee観戦記を。:

« Will Leeを見に行ったのだが... | トップページ | 日野元彦の「流氷」:TBM再発シリーズで最も欲しかったのはこれだな。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)