2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 相変わらず記事の更新に苦労中だが,早いうちにWill Lee観戦記を。 | トップページ | 突如現れたRy Cooderの77年ライブをようやくアップ。 »

2013年12月 8日 (日)

日野元彦の「流氷」:TBM再発シリーズで最も欲しかったのはこれだな。

Photo_2 「流氷」 日野元彦カルテット+1(TBM)

今年に入って,続々と再リリースされたTBMレーベルの作品群の中で,私がこれだけは買うだろうと思っていたのが本作である(ほかにも買っているが,記事はまだ全然書いていない)。私はファンハウス・レーベル時代の日野元彦のアルバムが結構好きなのだが,正直言ってしまうと兄貴のヒノテルよりずっと日野元彦の方が好きなぐらいである。ファンハウスのアルバム,特に"It's There"や"Sailing Stone"はメンツ買いの部分があったことは否定できないが,それでもリーダーとしてアルバムを仕上げているところには非常に感心していたのである。

その日野元彦が厳寒の根室で繰り広げた熱い演奏を収めたのが本作であるが,オリジナルのLPでは3曲に短縮されていたものに2曲を追加して,当日の演奏順に並べたものである。私はLPを聞いたことがないが,3曲で終わらせるのはもったいないと思わせる演奏群となっていると思う。2月の根室と言えば,想像するのも憚りたくなるような寒さだと想像するわけだが,それと反比例するかのような熱さに聴衆もきっと燃えただろうと思いたくなるような演奏である。

本作はメンツも濃いが,やはり2テナーによる音の分厚さが,演奏を熱くした要因のようにも感じられる。Elvin JonesがLighthouseでLiebmanとGrossmanをフロントに立てたようなものだが,そう言えば,この編成はその後のJazz Machineと同じだと今更のように気がついた私である。だが,演奏としては例えばFrank Foster~Pat LaBarbera組の2テナーのJazz Machineより,この作品の方がずっといいとさえ思えてしまう。役者が揃っているというのはやはり強力である。まぁ,演奏としては渡辺香津美作"Milky Shade"が浮いているようには思えるが,全体を通して日本ジャズ界の実力を十分に示しているように思う。

そうした中で,Steve Grossmanのオリジナルが2曲収録されているのは意外な気もするが,そんなことは別にどうでもいいと思えるような演奏ぶりである。ちゃんと全員がフィーチャーされる場が維持されているのも感じがいいと思う。私はしょうもないものまでいかにも売ろう精神でリリースしているのが見え見えの「和ジャズ」なるものには一切与しないが,こういう演奏ならばちゃんと認めるべきと声を大にして言いたい。大したことがない作品を数多く聞くよりも,優れた作品を繰り返し聞くことの方が,はるかに合理的であり,情操を磨く上でもポジティブに機能すると思っている。歴史に残る名盤というものではないかもしれないが,間違いなく記憶には残る作品である。星★★★★☆。それにしても,後の香津美と大きな違いを感じられるのも凄い。

Recorded Live at 根室市民会館 on February 7, 1976

Personnel: 日野元彦(ds),山口真文(ts),清水靖晃(ts, ss),渡辺香津美(g),井野信義(b)

« 相変わらず記事の更新に苦労中だが,早いうちにWill Lee観戦記を。 | トップページ | 突如現れたRy Cooderの77年ライブをようやくアップ。 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

どうも。このライブの直前に日野元彦さんはグロスマンと渡辺香津美とツアーしてるので、その影響が残っていたということかと。

http://hyagi.cocolog-nifty.com/band/2013/09/steve-grossman1.html

私もこのCD買わないとなあ。

やぎさん,こんばんは。なるほど,そういうことかぁ。

しかし,5曲中2曲がGrossman作ってのはやはり変わっている(笑)。また廃盤になる前に買って下さい。

確かにcd欲しい。
LPは持っているけど、追加とは知らなかったですね。
イヤなもの読んだ(笑)。
なんというか、日本のジャズとか云いようがない音の雰囲気好きです。あと清水靖晃のコルトレーン風が好きでしたね。懐かしいですね。

kenさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

「イヤなもの読んだ(笑)」とおっしゃらず,素直に買いましょう(爆)。つくづくいい演奏ですよねぇ。

イヤなもの読んだ。(笑)

山口真文(ts),清水靖晃(ts, ss)
Steve Grossmanのオリジナル

この物入りな時季に。。
まったく、人騒がせだ!!!!

Suzuckさん,こんにちは。

誠に申し訳ございません(笑)。でも買うんでしょ?(爆)

でも買って損はしませんので,ご安心を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58713649

この記事へのトラックバック一覧です: 日野元彦の「流氷」:TBM再発シリーズで最も欲しかったのはこれだな。:

« 相変わらず記事の更新に苦労中だが,早いうちにWill Lee観戦記を。 | トップページ | 突如現れたRy Cooderの77年ライブをようやくアップ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作