最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今年最後の劇場通いとなるであろう「ブリングリング」 | トップページ | 年の瀬も近づいてきたので,2013年の回顧(ライブ編) »

2013年12月24日 (火)

Ed Bickertの未発表音源現る!これまた私にとってはホリデイ・ギフトである。

Test_of_time "Test of Time" Murley / Bickert / Wallace (Cornerstone)

私はEd Bickertのファンであるとこのブログでも何度も書いてきた。先日亡くなったJim Hall的な感覚も持ちつつ,テレキャスでなんでこんな音が出るのかというような暖かい演奏を展開する素晴らしいギタリストであるが,残念ながらプロとしての演奏活動から引退してしまっている。そんなEd Bickertにまだ未発表音源があるとは思わなかったが,突如の登場に嬉しくなったのはきっと私だけではないはずである。正確に言えば,本作は昨年末にはリリースされていたようなので,本来ならば新譜とは呼べない代物なのだが,全然認識していなかった私としては,まさにホリデイ・ギフトと言ってよい作品である。

ライナーにも書いてあるが,このトリオは"Live at the Senator"という作品をリリースしているが,これはそれに先立って行われていたスタジオ録音である。"Live at the Senator"についても既にこのブログで記事にしている(記事はこちら)が,その作品も相当気に入っている私だけに,本作についての情報を発見した時から期待値が高まっていた。そして,このアルバム,全くの期待通りである。

と言っても,全然驚きはない。だが,それでいいのである。有名なスタンダード群とMurleyのオリジナル2曲から構成されるプログラムを淡々とこなしながら,絶妙のリラクゼーションを生み出しているのだから,私はそれで満足である。どちらが好きかと言えば,私は前述のライブ盤の方を推すだろうが,これはこれで彼ららしい演奏であり,忙しない師走の時期に,ゆったり感をもたらしてくれるという意味では非常にいいアルバムであった。星★★★★☆。

Recorded on January 22 & 23, 1999

Personnel: Mike Murley(ts), Ed Bickert(g), Steve Wallace(b)

« 今年最後の劇場通いとなるであろう「ブリングリング」 | トップページ | 年の瀬も近づいてきたので,2013年の回顧(ライブ編) »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58797926

この記事へのトラックバック一覧です: Ed Bickertの未発表音源現る!これまた私にとってはホリデイ・ギフトである。:

« 今年最後の劇場通いとなるであろう「ブリングリング」 | トップページ | 年の瀬も近づいてきたので,2013年の回顧(ライブ編) »

Amazon検索

2017年おすすめ作