2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« マイナー盤ながら見逃すのは惜しいLeszek Zadloの"Thoughts" | トップページ | パーマネントな活動も期待したいImpossible Gentlemen第2作 »

2013年11月18日 (月)

「スティーブ・ジョブズ」:この尺で彼の人生を描くのは無理があった

Jobs 「スティーブ・ジョブズ("Jobs")」('13,米,Open Road Films)

監督:Joshua Michael Stern

出演:Ashton Kutcher, Dermot Mulroney, Josh Gad, Lukas Haas, Matthew Modine

彼の伝記についての記事をこのブログにアップしたのがほぼ2年前であるが,あれは本当に面白い本であった(記事はこちら)。あれだけ面白い本であるから,Steve Jobsの人となりについて映画にしたくなるのもよくわかる。だが,2時間強という尺ではSteve Jobsを描くには全く十分でなかったということは明らかである。

いきなりiPodの製品リリースのプレゼン・シーンから始まるが,残りは全てそれに至るまでの大学時代からのJobsを描いているだけで,Steve Jobsという人の人生をポートレイトするにはそれだけでは全く足りないと思わせるのである。書物に登場したお馴染みの実在の人たちも多数登場するので,シナリオとしては非常に難しい部分があったことは認めざるをえないが,もう少し人間ドラマとしての描き方もあって然るべきであったように思える。

結局は書物にも書かれているいくつかのエピソードの積み上げによって,映画は構成されているが,そのエピソード間のつながりに唐突感が避けられない出来になってしまっているのがこの映画の難点である。つまりはシナリオの出来がよくないことが決定的な問題であって,同じような映画と言ってよい「ソーシャル・ネットワーク」との大きな違いになっている。いずれにしても,こっちには伝記での擦り込みがあるわけで,「えぇっ,これで終わりかい?」という感覚を多くのオーディエンスが感じたのではないだろうか?そうは言っても尺を長くすればいいってもんでもなかろうから,これはTVシリーズにした方がよかったのではないかという感覚すらおぼえる。

Ashton Kutcherはよく頑張っていると思うが,それでも映画としての評価は高くならない。エンディングも「アルゴ」の真似か?と皮肉を言いたくなるようなもので,そういう点から見ても,レベルが低いのである。ということで,星★★が精一杯。唯一の救いはバックに流れる音楽(70年代ロック)だろうなぁ。

« マイナー盤ながら見逃すのは惜しいLeszek Zadloの"Thoughts" | トップページ | パーマネントな活動も期待したいImpossible Gentlemen第2作 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58586018

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブ・ジョブズ」:この尺で彼の人生を描くのは無理があった:

« マイナー盤ながら見逃すのは惜しいLeszek Zadloの"Thoughts" | トップページ | パーマネントな活動も期待したいImpossible Gentlemen第2作 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作