最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 秦基博:「ひとみみぼれ」とはまさしくその通りだったかもしれない。 | トップページ | 渡辺香津美:懐かしくもレベルの高いフュージョンだよなぁ。 »

2013年10月19日 (土)

Yumingの旧譜を70%オフでゲット...

Yuming 「そしてもう一度夢を見るだろう」 松任谷由実(EMI)

某サイトを見ていたら,このアルバムが900円で売っていたので,ついつい購入してしまった。今は旧譜のほとんどが1,980円で再発されているので,実質55%引きみたいなものだが,私のところにデリバリーされたのは,初回盤3,000円のものだから70%引きの大ディスカウントである。最近はYumingも値崩れするようになったのかと思うとある意味感慨深いが,いずれにしても90年代以降のYumingの活動に興味がなくなった私としては,彼女の新録アルバムを購入するのは20年ぶりぐらいだろうか(ベスト盤とか企画盤は買っているが...)。

このアルバムを聞いていても,900円だからまぁいいやと思うのだが,昔のようなキラー・チューンがないかなぁって感じである。このアルバムで言えば,加藤和彦との共演の「黄色いロールスロイス」がそれに相当するのだろうが,正直あまり面白くないのである。サウンドそのものは80年代の彼女のものに近いようにも思えたが,やっぱり昔ほどの曲の魅力には欠けるなぁっていうのが正直なところである。

これを聞くなら,今井美樹のトリビュート・アルバムや,ベスト盤「日本の恋と、ユーミンと。」を聞いていればよいと思う私は,もう彼女の「現役の」ファンではないってことだろうなぁ。

« 秦基博:「ひとみみぼれ」とはまさしくその通りだったかもしれない。 | トップページ | 渡辺香津美:懐かしくもレベルの高いフュージョンだよなぁ。 »

ポップス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58412469

この記事へのトラックバック一覧です: Yumingの旧譜を70%オフでゲット...:

« 秦基博:「ひとみみぼれ」とはまさしくその通りだったかもしれない。 | トップページ | 渡辺香津美:懐かしくもレベルの高いフュージョンだよなぁ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作