最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ben Monderの新譜が非常に面白い | トップページ | 秋の夜長にぴったりのTierney SuttonによるJoni Mitchell集 »

2013年10月 3日 (木)

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ最新作はなかなか面白い。

Photo 「祈りの幕が下りる時」 東野圭吾(講談社)

私も何だかんだと言いながら,東野圭吾の新作が出るとついつい買ってしまうって感じになってしまっている。出張の道すがら等に気楽に読むには丁度よいのである。その東野圭吾の新作はおなじみ加賀恭一郎シリーズである。私は,加賀恭一郎シリーズの「新参者」には大いに感心させてもらって,その後の「麒麟の翼」は今イチだなぁなんて思っていた。だから,今回の新作がどの程度の出来かは非常に気になっていたのだが,相変わらずの人情たっぷりぶりであり,「新参者」には及ばずとも,「麒麟の翼」よりはずっと面白く読めた。

何らかのかたちで登場人物の一人が犯罪に関わっているであろうことは,かなり早い段階で提示されている。読み進めるにつれて,この落とし前をどうつけるのだろうかと思っていたのだが,「なるほど」である。この展開は「新参者」での驚きこそないが,まぁ納得のいく展開である。「人情」あるいは「家族」をキーワードとして考えれば,こういうことかなぁと思いつつ,それでもこれはやっぱりフィクションだなとも感じさせるが,まぁいいんじゃないだろうか。ってことで,星★★★★。日本人のウェットな感覚を刺激するという意味では売れても当然であろう。

この作品で加賀恭一郎の日本橋署勤務は終了ということになるのだろうが,次作以降は警視庁捜査一課に復帰しての加賀恭一郎の活躍が描かれるはずである。いずれにしても,この本を読んでいて,私はドラマは見ていないにもかかわらず,加賀恭一郎と阿部寛のイメージがダブって感じられたのが我ながら面白かった。

« Ben Monderの新譜が非常に面白い | トップページ | 秋の夜長にぴったりのTierney SuttonによるJoni Mitchell集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58309193

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ最新作はなかなか面白い。:

« Ben Monderの新譜が非常に面白い | トップページ | 秋の夜長にぴったりのTierney SuttonによるJoni Mitchell集 »

Amazon検索

2017年おすすめ作