2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ちょいと微妙なBrecker Brothers Reunion | トップページ | Yumingの旧譜を70%オフでゲット... »

2013年10月18日 (金)

秦基博:「ひとみみぼれ」とはまさしくその通りだったかもしれない。

Photo 「ひとみみぼれ」 秦基博(Ariola/Sony)

私にしては極めて意外なチョイスと言えるものが登場である。だが,このアルバムのタイトル「ひとみみぼれ」はまさにその通りと思えるのがこの秦基博というシンガーである。

私は某所でのライブで,彼の生に接したことがあるのだが,非常に優れたメロディ・ラインと魅力的な声に強い印象を持った。そこへこの自選によるコンピレーション盤のリリースとはタイミングがよ過ぎである。しかし,私が持った強い印象が,そうそうはずれたものではなかったということがよくわかるアルバムである。

私が購入したのは初回限定の2枚組であるが,ディスク2のライブ音源に,私が感じたこの人の魅力がより詰まっているように思えた。そして,ディスク1の冒頭に入っている"Girl"は日本人のセンスとは思えないメロディで,これにはまじでまいってしまった。日本人の歌には,どうしても和音階が強く顔を出しがちであるが,この人の曲にはそういう要素が希薄に聞こえる(実際には使っているとしてもである)ことも,洋楽志向の強い私にフィットしているのかもしれない。

全体を評価するにはもう少し時間が必要であるが,これはなかなかよく出来たコンピレーションである。一聴した感覚で特にディスク2のライブ音源は魅力的で,星★★★★☆をつけたくなってしまった。私が一聴して関心を持った日本人の歌手は正直スガシカオ以来かもしれないが,日本の音楽も捨てたものではないと思わせるに十分であった。

とか何とか言っていたら,10/16に私の地元で本作発売記念のフリー・ライブやってたんじゃん。見逃したのは実に惜しかった(苦笑)。

« ちょいと微妙なBrecker Brothers Reunion | トップページ | Yumingの旧譜を70%オフでゲット... »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂様
ご無沙汰してます。いつも拝読してます。
まさかのチョイスにビックリしました。
私も好きです。声質や曲などいろいろポイントはありますが、とにかく聴かせる力のある人だなと思ってます。あと歌いたくなります(笑)。
ライブ音源は聴いたことがないのでチェックしたいです。

ki-maさん,こんにちは。こちらこそご無沙汰しています。

やっぱり「まさかのチョイス」ですよねぇ。私とは結びつきませんから(苦笑)。また,「あと歌いたくなります(笑)」ってのも私も同じ感覚です。相当難度が高そうですが...。今度,撃沈覚悟で試してみます。

ライブ音源はいいですねぇ。弾き語りからストリングス入りまで,いろいろな音源があって,楽しめますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58405224

この記事へのトラックバック一覧です: 秦基博:「ひとみみぼれ」とはまさしくその通りだったかもしれない。:

« ちょいと微妙なBrecker Brothers Reunion | トップページ | Yumingの旧譜を70%オフでゲット... »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)