2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Gretchen Parlatoのライブ盤:ここのところ女性ヴォーカルの連チャンだが,これは避けて通れまい | トップページ | 大丈夫なのか,日本代表? »

2013年10月15日 (火)

Eric Clapton Unplugged:これを聞く(見る)のは何年振りだろうか?

Ec_unplugged "Unplugged Deluxe Edition" Eric Clapton(Warner Brothers)

このアルバムがリリースされたのは今から20年前以上のことであるが,本当に流行ったアルバムである。MTVのUnpluggedシリーズは一世を風靡したと言ってよいが,その代表的な演奏がこのClaptonのものということになるだろう。

もちろん,私はこのアルバムは既にCDで保有しているし,画像についてもLD(死語?)を持っている。だから何を今更って感じなのだが,今回,未発表曲を加えたCD2枚組とDVDがセットになったデラックス・エディションがリリースされ,価格もリーズナブルだったのでついつい購入してしまった。そして,今回,音源と映像を本当に久しぶりに改めて鑑賞してみたのだが,音は音でもちろん楽しめるものの,これは画像付きで見た方が面白いって気がした。Claptonの余裕のプレイぶりが映像の方がよくわかるからということもあるが,このClaptonの渋さ,カッコよさは映像つきで見たいと思ってしまったのである。レイドバックしながら,余裕綽々とはこのことであろう。

そして,映像でよくよくClaptonの手許を見ていると,この人,まじで手がでかいわ。Claptonのフレージングの凄さの本質的な要因を今更ながら垣間見た気がする。LDで見ていた時もそう思っていたのかもしれないが,その記憶はどこかに飛んでいた(爆)。

演奏で言うと,このアルバムと言えば,ついつい"Tears in Heaven"になってしまいがちだが,私としてはドブロでスライドを聞かせる"Running on Faith"にしびれてしまった。それに続くClaptonが完全ソロで演じる"Walkin' Blues"でのドブロも超渋い。これはまじでたまらんと思ってしまった私である。Robert Johnsonへのリスペクトが強く感じられる演奏と言えばいいが,やはりこれはいいわぁ。

逆に言えば,このアルバムのヒットによって,Eric Claptonはどんどんソフト路線に向かっていったことを思えば,功罪入り混じるって気がしないわけでもないが,これはこれでちゃんと認めるべきものだと思う。特に映像はそうだと思った。だが,最後の"Rollin' & Tumblin'"がCD,DVDともにフェードインなのがあまりにも惜しい。そういう瑕疵もあり星★★★★ぐらいだと思うが,それでも私がここでのClaptonの映像にしびれたことは間違いのない事実である。

Recorded Live on January 16, 1992

Personnel: Eric Clapton(vo, g), Andy Fairweather Low(g, hca), Chuck Leavell(key), Nathan East(b, vo), Steve Ferrone(ds, perc), Ray Cooper(perc), Katie Kissoon(vo), Tessa Niles(vo)

« Gretchen Parlatoのライブ盤:ここのところ女性ヴォーカルの連チャンだが,これは避けて通れまい | トップページ | 大丈夫なのか,日本代表? »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私もLD持っておりました(^-^ゞ
来年2月に来日公演があるんですね!
見に行くか?迷ってます。

takeotさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

この映像,久しぶりに見たのですが,非常によかったです。温故知新まではいかないかもしれませんが,こんなにカッコよかったのかなんて再認識してしまいました。

来年の来日公演は,私は多分行きません。彼のライブはライブで楽しめると思うのですが,私はむしろSteve Winwoodと来た時の思い出を大事にしたいと思っています。

Clapton御大よりも新しいアルバムを引っさげてのTedeschi Trucks Bandの方が気になります~ Derekも良い嫁さん貰ったかと~

ジョン暖簾さん,こんにちは。TTBは前回の来日時に行きましたが,非常によかったですよ。

姉さん女房を立てつつも,Derek Trucksはきっちりスライドを炸裂させるという羨ましくなるような夫婦だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58379248

この記事へのトラックバック一覧です: Eric Clapton Unplugged:これを聞く(見る)のは何年振りだろうか?:

« Gretchen Parlatoのライブ盤:ここのところ女性ヴォーカルの連チャンだが,これは避けて通れまい | トップページ | 大丈夫なのか,日本代表? »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)