2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« John Legendかくあるべしと思わせる新作 | トップページ | Moutin Factory Quintet:驚きはないが,レベルの高い演奏が楽しめる佳作 »

2013年9月20日 (金)

買ってしまった「潮騒のメモリー」

Image

「潮騒のメモリー」 天野春子(小泉今日子) (BMGビクター)

私は遅れてきた「あまちゃん」ウォッチャーであるが,この番組からは能年玲奈,橋本愛(彼女が「貞子3D」で貞子を演じていたというのも今更ながら強烈な事実。あの憂いを帯びた表情は貞子にピッタリかも...)の二人はブレイク確実というのは当然で,ついでに若き日の天野春子を演じた有村架純もかなりいい線いくだろう。だが,それにも増して,小泉今日子の「歌手としての」再ブレイクを実現したことからしても,この番組は記憶に留めるべきである。

それにしてもここでアイドル的歌唱をアラフィフの小泉今日子が展開するのがすごい!それだけで彼女のアイドル時代を知るおっさんは感動である。何も変わっていないって感じなのである。

そして,よくよく見ると笑える歌詞である。この歌詞をあのメロディ・ラインとアレンジにのせて,そして小泉今日子が歌うというところがますますよい。「三途の川のマーメイド」ってなんやねんと思わせるそのバックではコーラス隊が"Sanzu River~"と合の手を入れているのを聞くと,やはり笑える。

いよいよ来週は「あまちゃん」も最終週である。どのような結末を迎えるかも楽しみではあるが,多くの「あまちゃん」ウォッチャーは,その後,朝,昼,あるいは夜に毎日見ていたものがなくなることによる喪失感を覚えること確実と思わせる。そうした喪失感を埋めるためにはこのCDを聞いているか,そのうち出るであろうDVD/Blu-Rayを買うしかないな(笑)。でも高いんだよねぇ...。

« John Legendかくあるべしと思わせる新作 | トップページ | Moutin Factory Quintet:驚きはないが,レベルの高い演奏が楽しめる佳作 »

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

私もあまちゃん大好きです。
丁度、昨日、楽譜を入手した会社の人が、見せてくれて、ジョー二ー伝えて、千円返して、、三途の川のマーメイドに、、クククっ、笑えました。
このブームが、老若男女、日本中の勢いですからすごいですね。
重箱の隅々にまで細かい笑いありで、昨日、あんべちゃんが、ミートソースのパスタに何故かまぎれ込んだ輪ゴムみたいな、、に、レベルが高い!と、ユーミンのソーダ水の中を貨物船が通る、の歌詞と同じくらい感動した私です。
地下街を歩いていたら、有線で、地元へ帰ろうが流れて、まさか?と思いましたが、素朴さが、心に触れてしまうんですよね。
役者が本当にそろっていて、チームワークを朝から感じて、幸せな気持ちになれる。
まだまだ観ていたい作品です。メンバーが愛おしいです。

ひまわりさん,こんにちは。

有線では「暦の上ではディセンバー」もかかってたりしますねぇ。いやいや,凄いメディア・ミックス,パワーですよ。

昨日,能年玲奈がNHKの番組に出ていましたが,ついついなまりがあるのを前提にして見てしまうと,違和感があるんですよねぇ。彼女もイメージ払拭は結構大変かもしれませんが,応援しちゃいますよ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58223393

この記事へのトラックバック一覧です: 買ってしまった「潮騒のメモリー」:

« John Legendかくあるべしと思わせる新作 | トップページ | Moutin Factory Quintet:驚きはないが,レベルの高い演奏が楽しめる佳作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作