2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« アクシデント発生... | トップページ | 赤裸々な話満載の「安部公房とわたし」 »

2013年9月14日 (土)

クリティカルな状態は脱したものの...

日頃から極めて健康な人が突然倒れるというのは,今までにも経験がないわけではない。だが,それが自分の身内ということになると,落ち着いてはいられない。そうしたことが起こってしまい,私はKendrick Scott Oracleのライブを聞き逃したわけだが,こればかりは仕方がなかった。

状態は小康というか,改善に向かっているとは言え,まだまだ予断を許さない状況の中,仕事はそこそこで切り上げたものの,音楽を真剣に聞く気にもならないということで,今日も音楽系の記事を書くことは無理である。

ということで,今日も開店休業みたいなものだが,明日にはもう少し落ち着きを取り戻していたいものである。正直言って音楽シーズンの到来でCDがどんどんたまってきていて,気は焦っていても,優先順位は上がる訳もなく,まぁじっくり構えていこうと思う。

« アクシデント発生... | トップページ | 赤裸々な話満載の「安部公房とわたし」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイミングの悪いトラバとコメントを入れましたが、対応はどうぞ、、気にせず。

私も、この一年は家族、親族のことで悩むことが多かったです。
まだ、継続中ですが、ライブは逃すことはあっても、音楽そのものは逃げませんから。

いろいろなことがいい方向に向かいますように。
お大事にどうぞ。

Suzuckさんのコメントにもありましたが、どうぞご無理のありませんように。
ご家族、親族は、かけがえのない相手、自分のため、後悔しないためにも、時間を大切にされて下さいね。
記事はお休みの日があっても、大丈夫です。ゆっくり楽しみに待ちますから、あなたのファンは変わりませんよ。

Suzuckさん,続けてこんにちは。

おかげさまで,状態は安定し,付き添いも必要のない状態まで回復しました。一時はどうなるかと思いましたが,基本的に健康な人は強いです。

ご心配お掛けしました。これで通常営業に戻れそうです。

ひまわりさん,こんにちは。ご心配をお掛けしました。

今回,大変だったのはむしろ家人の方でして,私は家人の留守中,娘の面倒を見ていたってだけです。おかげさまで,状態は回復に向かっており,おそらくそれほど心配はないところまでは来たかなって感じです。

心理的に落ち着かない数日でしたが,これでようやく普通に戻れそうに思います。ありがとうございました。

ご回復されているようで、何よりです。
ゆっくりなさってくださいね。

丸の内店内で、もしや!?とお見かけしたので・・・・・

Izu-Ochoさん,こんばんは。

そうなんですよねぇ。6/12の2ndに行くことは行っていましたが,開演直前に離脱してしまいました。もしやと思われたのは,もしやではなくて,多分私です。アバターそのもののおっさんだと思いますが,ステージに向かって右サイド(段差のついた一列目)の席に座っていました。

聞いたところによれば,演奏は素晴らしかったみたいですねぇ。つくづく惜しいことをしましたが,こればかりは仕方がないです。また,彼らに来日してもらうことを期待します。客入りは間違いなくEnrico Pieranunziを上回っていて,学生風の諸君が多かったのが今回の特徴でしたね。

それにしてもやっぱり残念だ(泣)。ご一緒していたイタリア・ジャズの女神さまにCDを託して,Kendrickのサインだけはもらってきて頂きましたが,本当に残念です。Izu-Ochoさんのレポートもお待ちしています。

こんにちは。
大変だったようで...
少し落ち着かれましたか。
奥さま お大事に。

Marlinさん,こんにちは。ご心配お掛けしました。

今回はご想像の通り,家人の肉体的,精神的疲労の方がはるかに大きかったはずですが,私にできるのは家事をサポートするぐらいでした。しかし,状況は好転していますので,家人にとってはまだまだそうはいかないかもしれませんが,私自身は普通の生活に戻していく必要があります。

まぁ,できることは何なりやっていきつつですが,今後の状況の推移を見守りたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/58184995

この記事へのトラックバック一覧です: クリティカルな状態は脱したものの...:

« アクシデント発生... | トップページ | 赤裸々な話満載の「安部公房とわたし」 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作