2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Dave Holland Prismの新作が強烈で燃える! | トップページ | 遅くなったが,Marcus Millerライブ参戦記 »

2013年9月11日 (水)

ようやく帰国...。

中国でのきつい出張が終了し,ようやく帰国した。帰国当日はさすがに何もやる気が起こらず,記事のアップができなかったのもまぁ仕方ない。今回はイベント出展での立ち仕事で,フィジカルにも結構きつかった上に,いつものように夜の部は白酒漬けで,アルコール耐性がどんなに強くてもおかしくなるというパターンをたどった私だったからである。

そんな出張で,毎度楽しみなのは機内エンタテインメントでの映画だが,今回往路は「華麗なるギャツビー」,復路が「オブリビオン」の2本であった。北京便は大体3時間ぐらいのフライトであるから往復2本が限界ではあるが,前回は吹替オンリーだった後者が字幕になっていたのはよかった。

映画の吹替えに恨みがあるわけではないとしても,アニメーションならばさておき,本質的に映画はオリジナル言語で楽しむべきだと思っている私なので,先日の欧州線での旅行時には,見ることを放棄した「オブリビオン」だった。だが,今回は字幕版になっていたのは,私と同じような人間がいて,JALに文句が出たのかもなぁとついつい思ってしまった。ただ,今回,フライト時間が短いため,エンド・ロールの途中でシートベルト着用サインが点灯してしまい,最後まで見られなかったのが最前列座席の辛いところである。

映画については追って記事にしようと思うが,欧州線で見た映画についても結局記事を書いていないので,本当に記事にするかどうかは怪しいものだ...。

しかし,帰国したのが月曜日とは言え,帰りの北京~羽田便,あんなに空いていては採算厳しいだろうなぁ。まぁ,月曜日に帰国するビジネス客は少数派だろうが,逆ルートの月曜日の羽田~北京はそこそこの搭乗率だろうからバーターみたいなものか。

« Dave Holland Prismの新作が強烈で燃える! | トップページ | 遅くなったが,Marcus Millerライブ参戦記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく帰国...。:

« Dave Holland Prismの新作が強烈で燃える! | トップページ | 遅くなったが,Marcus Millerライブ参戦記 »

Amazon検索

2018年おすすめ作