2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「ローマの休日」も間もなく終了...。 | トップページ | 旅行中に見た映画 »

2013年8月10日 (土)

The Party Is Over...

1376042751248.jpg

ついにヴァケーションが終わってしまった。帰国もフランクフルト経由だったのだが,トランジットの時間を利用して,フランクフルトの街もちらっと散策してきた。私はフランクフルトは仕事で何回も行っているので,今回はこれまで内部までは行っていない大聖堂訪問が私にとっては最重要課題であった。本来ならば,ドイツ料理を楽しみに行きたいところだったのだが,空港からの市内に向かう電車がトラブルでなかなか来ない。結局,遅いランチを取ったのが14:45過ぎでは,夕食にドイツ料理を楽しむなどという気にはならず,18時過ぎには空港に向かったのであった。

現在,フランクフルトの街は旧市街の再構築プロジェクトやら,川沿いの金融ディストリクトの建設やらで,工事ラッシュで,正直言って街並みの景観を悪化させているのが残念だったが,それでもマイン川沿いは散歩するには本当に気持ちよいところである。上の写真は以前私がフランクフルトに訪問した際に撮影したもので,まだ整然とした感じがあるので,こちらをアップしておくが,相変わらず古い建物と新しい建物が混じりあった街であった。大聖堂の帰りに目に付いたのが下のEnoの写真を使ったイベント告知である。こんなイベントが本当に大聖堂の隣みたいなところで開催されているのだから,やっぱり面白い街である。

1376042765934.jpg

尚,旅そのものは楽しかったのだが,国民性ゆえなのか何なのかよくわからない不快な事象も指摘しておきたい。まず,世界で最も人口の多い国からの旅行者は,列を組成するというセンスに欠ける人間が多くて辟易とさせられた。横からの割り込みをしても当たり前のような顔をしているので,私が敢えて"Can't you see everybody else is in a queue like this?"と文句を言ったら,"Keep your mouth shut."などと逆ギレされたのは全くもって不愉快である。私がもう少し若ければ"Shut the F**k up, Asshole!"と言い返しただろうが,正直危うく中指が突き立ちそうになったわ(爆)。その国の人々全てがそうだとは言わないが,そうした経験は1回や2回ではない。特にひどかったのがローマの空港での軍団であったが,どういう教育を受けているのやら...。

そして,帰国後の成田エクスプレスでは,大統領がワイルドな姿をアピールする国からやってきた軍団が,車内でナチュラル・ハイの大騒ぎモードだったのには辟易とさせられた。私を含めてほかの乗客は我慢強く対応したが,彼らには「郷に入らば郷に従う」というセンスがないようである。いい歳こいたオッサンがアホみたいに騒ぐ姿は本当にみっともない。「人のふり見て我がふり直せ」でもいいのだが,ちょっとあれにはまいった。日本という国が理解されていないのだなと思った瞬間である。

彼らのような一部のろくでなしのせいで,その国への見方が変わってしまうということは偏見につながりかねないが,旅行中には不愉快な思いはほとんどしていなかっただけに,最後の最後で残念なことが発生したのは画竜点睛を欠いた感じである。

そうは言っても総じて楽しい旅であったから,まぁいいか(笑)。

« 「ローマの休日」も間もなく終了...。 | トップページ | 旅行中に見た映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

続けてのコメントです。。

公共での列作り。。ですが、唯一皆さんが暗黙の状態で列を作るのは、空港でチェックインをする時じゃないかな、と思っています。本当~に、見事~に、並ぶ習慣がない!の一言につきます(ピシャリ)。

ローマの空港は、これまでにないノリでした(笑)。私達は、空港から高速バスに乗ってホテルへ移動したのですが、皆さん、当り前のように並ばないし、スーツケースは、個々自分達で、バスのトランクに入れたり、時間通りに出発しない。。ただ、ホテルへ着くまでのバスの運転手他、街中でのドライバーさんたちの運転技術には、感心させられました(笑)。

色々な都市を訪問されたようですが、移動はどうされたのでしょうか。

Laieさん,続けてコメント・バックです。並ぶ習慣がないという感覚はあまり感じませんでしたが,件の国の人の傍若無人ぶりが目に余るというところでしょう。ただ,ドイツに関して言えば,喫煙者にとって優し過ぎると思いました。路上喫煙,レストランでの喫煙,何でもありみたいな感じで,あれでは食事がまずくなりますねぇ。

イタリアの運転技術と言えば,カプリ島のドライバーは最強です。よくあんな狭い道をあのスピードで走れるもんだと感心していました。また,道が狭いだけに車幅感覚が凄いです。上海のタクシーも凄いと思いましたが,その比ではありませんで,はるかに技術はカプリ島のドライバーの方が上だと思いました。

イタリア国内の移動はヴェニス~フィレンツェがイタロ,フィレンツェ~ローマがユーロスター,ローマ~カプリ島はローマ~ナポリがバス,ナポリ~カプリ島が船での移動でした。

いずれにしても,今回,タクシーのぼったくりも,スリや怪しげな輩も全く経験しませんでした。まぁ,お金を持ってそうな格好もしてませんでしたけど(笑)。本当に楽しい旅でした。来週には現実に引き戻されます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57958326

この記事へのトラックバック一覧です: The Party Is Over...:

« 「ローマの休日」も間もなく終了...。 | トップページ | 旅行中に見た映画 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作