2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ウルグアイ戦を見て思ったこと。 | トップページ | 豪華メンツのJeff Richmanのアルバムだったが、正直期待はずれに終わった。 »

2013年8月16日 (金)

Derrick Hodgeのアルバムはもう少しグルーブ度が高くてもよかったなぁ。それから,Mark Colenburgはやはりイモ。

Derrickhodgelivetoday "Live Today" Derrick Hodge(Blue Note)

Robert Glasper Experimentの番頭格,Derrick Hodgeのリーダー・アルバムがリリースされることは,私が行ったBillboard東京での彼らのライブでも予告されていたが,ようやくリリースである。

彼らのライブではドラマーのMark Colenbergを酷評した私だが(記事はこちら),本作のクレジットを見ると,またこいつの名前が出てきていやな予感が...。まぁ半分ぐらいはChris Daveが叩いているのだが,やっぱりこのMark Colenburgというドラマーが全然よくない。グルーブ感が継続しないのである。最悪なのが"Anthem in 7"である。こんなイモ・ドラマーに変拍子を叩かせてはいかんということが如実に表れている。私はこの1曲だけでこのアルバムへの評価が大いに下がったことは言っておかなければならない。いずれにしても,ColenburgとChris Daveの実力差が大き過ぎて,アルバムのクォリティにも大きなインパクトをもたらしてしまったのは,プロデューサーを兼ねるDerrick Hodgeの責任である。

全部が全部悪いとは言わない。比較的淡々としたグルーブが展開されるが,私としてはもう少し重めのファンクネスが欲しいというところである。ただ,曲のタイトルなどを見ていると,この人には結構宗教的なバックグラウンドの強さも感じさせる部分があるから,そういう部分も反映されているかもしれない。そう言えば"Doxology (I Remember)"なんて曲は完全にゴスペルである。そもそも"Doxology"って栄誦(えいしょう):神の栄光を賛美する礼拝の祈禱って意味らしいからやっぱりだなぁ。そうは言ってもリスナーなんて勝手なもので,もう少しブイブイ言わせるような強烈なグルーブを期待していたので,ちょっとそこは肩透かし気味である。

しかし,その一方で,大きな発見はヴォーカル曲のよさである。Commonをゲストに迎えたタイトル・トラックもよいが,私がより惹かれたのはAlan Hamptonというシンガー・ソングライターを迎えた"Holding onto You"である。Hamptonのギターとヴォーカルはまさにフォーク系シンガーのそれであるが,そこにDerrick Hodgeとストリングスが絡むというのがまさに不思議ながら絶妙だったのである。

ということで,このアルバムについては,正直言って玉石混交なところ気に入らないが,いいものが物凄くよいという点は見逃してはならない。だが,全体を通して言えば残念ながら星★★★だなぁ。ということで,今回の発見であるAlan Hamptonのアルバムを速攻で注文した私であった(笑)。そうしたら,YouTubeにAlan Hamptonをゲストに迎えてGretchen Parlatoの"Still"の映像があったので,こちらを貼り付けておこう。これは私も絶賛した"Lost and Found"(記事はこちら)収録曲だが,そこではAlan Hamptonには全く触れていない私(爆)。かつ,ここにもDerrick Hodgeが参加していたんだねぇ。ここでのAlan Hamptonも今更ながら相当いいわ。

Personnel:Derrick Hodge(b, key, perc), Common(vo), Alan Hampton(vo, g), Chris Dave(ds, perc), Mark Colenburg(ds, perc), James Payser(key), Aaron Parks(p, key), Travis Sayles(p, key, synth, org), Robert Glasper(p, el-p, perc), Casey Benjamin(vocoder), Jahi Sundance(turn table), Keyon Harrold(tp, fl-h), Marcus Strickland(ts, ss), Corey King(tb), The American String Quartet

« ウルグアイ戦を見て思ったこと。 | トップページ | 豪華メンツのJeff Richmanのアルバムだったが、正直期待はずれに終わった。 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
カテゴリ分け好きの日本では、
「ロバート・グラスパー以降の新勢力云々・・・・・」
と位置づけられるのでしょうね。
上手いべーシストのアルバムはこういう出来上がりになるのでしょう。
私はこういうメンツにも参加してオリジナリティを出す、
Aaron Parksに共感しました。
Alanのヴォーカルもいいですね!

Izu-Ochoさん,こんばんは。ベーシストとしてのHodgeには文句ないんですが,Mark Colenburgはダメなんです。GlasperもHodgeもさっさとColenburgをクビにしてくれないと,彼らへの評価も下がるって気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57998657

この記事へのトラックバック一覧です: Derrick Hodgeのアルバムはもう少しグルーブ度が高くてもよかったなぁ。それから,Mark Colenburgはやはりイモ。:

« ウルグアイ戦を見て思ったこと。 | トップページ | 豪華メンツのJeff Richmanのアルバムだったが、正直期待はずれに終わった。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作