2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 旅行中に見た映画 | トップページ | 私にとってはSSWの究極と言っていいかもしれないTim Hardin »

2013年8月12日 (月)

久々の音楽ネタ:猛暑の時にはこういう音楽をってことで,Bruce Cockburnの「雪の世界」

Bruce_cockburnhigh_winds_white_sky "High Winds White Sky" Bruce Cockburn(Columbia)

日本に帰ってきたら,一時期の涼しさはどこへやらって感じで,猛暑がぶり返していたではないか。イタリアも暑かったが,湿度はだいぶ違ったし,日差しはあちらの方が強かったように思える。結局は暑さの質が違うということになるが,この日本の暑さは湿気ゆえに非常に堪える。こういう時は涼しげな音楽を聞くに限るということで,本日はBruce Cockburnである。

そもそもこのアルバムはブラックホーク99選に入っている名作として有名であるが,ジャケからしても涼しげである。そして,基本弾き語りで,伴奏は最小限に抑えられていて,サウンド的にも暑苦しさゼロと言ってよい。

Bruce Cockburnという人はそもそもが地味な人であるが,ギターの腕も確かだし,声も魅力的であり,これぞシンガー・ソングライターって感じがする。音楽についてもどこがどうってことはないのだが,どうしても離れることができない音楽の魅力を発散しているように思える。これが個人の音楽的嗜好とのフィット感だと言えばまさにその通りである。そういう音楽だからこそブラックホーク99選なわけだと言ってもよいが,それにしてもこれは渋い。

本来は冬に聞くべきアルバムだって話もあるが,これを聞いて涼しい気分になるのも悪くない。このブログへのヴィジターの皆さんは彼の音楽はあまりお聞きになったことがないだろうから,YouTubeから冒頭の"Happy Good Morning Blues"を拝借して貼り付けてしまおう。う~む,やっぱりいいわぁ。ギターうまいしねぇ。尚,クレジットにはないが,アルバム中で聞かれるピアノもCockburnが弾いているんだろうと思う。

Personnel: Bruce Cockburn((vo, g, dulcimer),  Eugene Martynec(g), Eric Nagler(mandolin, banjo), Michael Crayton(perc), John Wyre(perc)

« 旅行中に見た映画 | トップページ | 私にとってはSSWの究極と言っていいかもしれないTim Hardin »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

 ここまで暑いと、確かに冬景色恋しくなりますね。
しかし、今夜の私は熱いです。すみません、熱くて、、ファンサイトを見たら、、見つけてしまったので、ついついうれしくて!
http://jefflorberfansite.blog29.fc2.com/
新アルバムのHaciendaの曲のタイトルも出ていました。Frank ZappaのKing Kongや、ここ数年ヨーロッパやアジアに至るまで旅されて影響を受けた音楽も、あるようですね。
 西洋人がとらえた東洋の印象も、含まれていそうで、楽しみです。
 イタリアの食シリーズ、楽しみにしています。
カプリ島、青の洞窟に入られて良かったですね。私は、入り口まで行きましたが、波が高くて、入れませんでした。でも、あの海の青さ、海上の風良かった!水着を来て、ロープつたい進入したいくらいでした。
あの島の運転手さん、本当に運転上手いです。あの狭さで、あの速さで、あの正確さ、すごいですよね。
 

ひまわりさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

今回の新作の肝は"King Kong"へのPontyの参加でしょうね。楽しみです。

ひまわりさんもカプリ島まで行かれましたか。青の洞窟は入れないかもしれないという条件付きでしたが,無事侵入できました(笑)。それにあのドライバーたち,やっぱり凄いですよねぇ。

カプリ島の運転手さんの様に、飛ばして一日を終えてます。何と言ってもお盆で、大切な親戚との年間メイン行事、、夜になり、Jeff Lorber氏の日本のファンサイトを見たら、じぇじぇ!
参加ミュージシャンと、エンジニアでしょうか?紹介されていて、目がさえて、さえて、
それを観ていたら、日にちが変わっていました。
私、David Mannさんは、NYCのIrideiumで見たことあります。お客さんとして、みえてました。
物腰の柔らかい感じで、その周りの雰囲気が輝いていました。

ひまわりさん、こんばんは。私は送り盆のために再び実家に戻っております。

David Mannですか。Elementsでのプレイが懐かしいですねぇ。Iridiumって結構ミュージシャンが見にきていますね。私がChuck Loabのバンドを見に行った時にはWill Leeがいましたね。

あそこは結構インティメートなキャパでいいですよね。というか、私が行く時に限って客入りが悪いのか...。

Dear Toshiya,

I just watched your homepage. I cannot read much, but I can guess what it all is about.
Wow, your very active for writing lots of articles about music and films.
Thanks for sharing some nice old groups which I used to listen, too, but almost forget, like boy meets girl, scritty politi, Bruce Cockurn. By the way happy good morning blues by Bruce Cockborn is a wonderful song which I didn’t know yet.

Your photos of Italy are beautiful. Must be a wonderful and broad trip!

Recently I made a new music. This time and it is my first time I jumped into jazz.

http://youtu.be/dlwAzTt0Z8k

I composed a trio with piano, bass and drums... I added some videos but this is not my first issue.
Please have fun!

Best regards,

Thomaskun

Thomas-kun,

Thanks for your message. I try to write an article on every day basis, though, it is getting tougher and togher to do so nowadays. However, I do hope you like this blog.

I will watch your YouTube video later and get back to you whenever possible.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57971158

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の音楽ネタ:猛暑の時にはこういう音楽をってことで,Bruce Cockburnの「雪の世界」:

« 旅行中に見た映画 | トップページ | 私にとってはSSWの究極と言っていいかもしれないTim Hardin »

Amazon検索

2017年おすすめ作