最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(13/6~7編):最終回は「カルテット 人生のオペラハウス」。非常に後味の良い映画である。 | トップページ | Ben Wattで涼む »

2013年7月20日 (土)

中古でゲットしたElla Fitzgeraldのライブ盤が楽しい。

Perfect_match "A Perfect Match" Ella Fitzgerald & the Count Basie Orchestra(Pablo Today)

先日,ショップに行った時に仕入れた中古盤である。私は正直なところ,ジャズ・ヴォーカルの熱心な聞き手ではないが,Sarah Vaughan,Anita O'Day,そしてこのEllaぐらいは何枚かは保有している。そのElla Fitzgeraldの後期のアルバムと言ってよい1979年,モントルー・ジャズ・フェスティバルにおけるライブ盤はCount Basie Orchestraとの共演ということもあって,相当楽しいアルバムとなっている。この頃になるとEllaは昔の凄みというのはなくなっていた頃だと思うが,それでもまだまだ還暦ちょっと過ぎたぐらいのところなので,元気に歌っている。

このアルバムが楽しいのはBasieバンドがバックについているからなのは当然だが,御大が登場するのは最後の一曲だけとは言え,やはりスイングするという感覚が強烈に感じられるところが非常によい。こうして聞くと,同じBasieバンドとやってもSarahとは随分感じが違うなぁと思わされるが,Sarahが芸術なら,こちらはライブということもあって,リラックス感もありながら,エンタテインメントって感じが強い。でもいいのだ。どっちもジャズ・ヴォーカルの王道。どっちが好きとは言えない,ではなくどっちも好きなのだ。

ということで,このアルバムに関しては,大物と大物が共演して,聴衆が楽しんでいるのだからそれでよしというのが正しい評価だろう。小難しいことを言っても始まらない。まぁ,ちょっとやり過ぎではないのかと思わせる部分もあるが,それを含めて楽しめばよいアルバム。と言っても,結構このアルバム,売ってないんだよねぇ。私は手に入っただけラッキーで,かつ大いに楽しんだと言っておく。星★★★★。

Recorded Live at the Montreux Jazz Festival on July 12, 1979

Personnel: Ella Fitzgerald(vo), Paul Smith(p), Keter Betts(b), Micky Roker(ds) with the Count Basie Orchestra

« 出張中に見た映画(13/6~7編):最終回は「カルテット 人生のオペラハウス」。非常に後味の良い映画である。 | トップページ | Ben Wattで涼む »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

いいな♪
今度 貸してくださいっ!

Marlinさん,続けておはようございます。

本件につき,こちらからご連絡を差し上げるため,コメントを頂く際にメルアドを記入できますので,そちらにご記入下さい(そのコメントは公開しません)。その上でご連絡をこちらから致します。

こんばんは〜
出張中でしたね。
お疲れさまです〜

しっかり聴いたのは、今ごろになっちゃったのですけど 楽しく聴けました♪
ジャズヴォーカルもいいですね。
ありがとうございました。

トラバ代わりにURL貼らせてください。

http://blog.goo.ne.jp/tm-0117/e/dda7e18498253b3daba391adc329a88b?guid=ON


Marlinさん、こんにちは。返事が遅くなりました。現在、北京の空港でボーディング待ちです。

このCDは、決して傑作ってわけではありませんが、なかなか楽しいですよね。いかにもPabloレーベルって感じの演奏です。記事は追って拝見しますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57810337

この記事へのトラックバック一覧です: 中古でゲットしたElla Fitzgeraldのライブ盤が楽しい。:

« 出張中に見た映画(13/6~7編):最終回は「カルテット 人生のオペラハウス」。非常に後味の良い映画である。 | トップページ | Ben Wattで涼む »

Amazon検索

2017年おすすめ作