2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ここまでいくと笑える「ワイルドスピード EURO MISSION」 | トップページ | 中古でゲットしたElla Fitzgeraldのライブ盤が楽しい。 »

2013年7月19日 (金)

出張中に見た映画(13/6~7編):最終回は「カルテット 人生のオペラハウス」。非常に後味の良い映画である。

Quartet 「カルテット 人生のオペラハウス("Quartet")」('12,英,BBC Films)

監督:Dustin Hoffman

出演:Maggie Smith, Tom Courtenay, Billy Connolly, Pauline Collins

前回のマレーシア出張の最後に見た映画がこれである。これが非常に後味の良い映画で,こういう映画をさっさとチョイスしなかった自分の審美眼を呪いたくなった。

この映画の登場人物はほとんどが老人である。そして音楽を演奏してきた経験のある老人のための老人ホームの話であるから,若い人々に共感を得ること自体は難しいかもしれない。しかし,私のように中年真っただ中から,初老へと転じていかんとする年齢の人間にとっては,身につまされる部分もあれば,非常に共感できてしまうところもあるのである。この映画の評価はやはり見る側の年齢層によって大きく変わるはずである。

もちろん,ストーリーに驚きはない。予定調和と言えばその通りである。しかし,名優Dustin Hoffmanが70歳を過ぎて結構な時間を経過したタイミングで,自分の初監督作に本作を選んだことが妙に納得できる,あるいは理解できると思ってしまう。

私からすれば,この映画はそうした人間のこれまでの人生観だけでなく,これからの人生観も踏まえて見られるべきものであるように思える。だからこそ,私には共感度が強いのである。そのことには誰からも文句をつけられるべきものではないと開き直っておこう。

実のところ,この映画は歌手の話でありながら主役の4人が実際に歌っている姿はこの映画の中では描かれていない。しかし,逆にそれが潔いと私には思えるのである。この4人は役者として立派な仕事をしているからそれでいいのだ。そこに,吹替えを被せるなんてのは野暮中の野暮であることはDustin Hoffmanにとっては当たり前の話だったってことである。そうした潔さも私にとってはいいと思えてしまった。とにかく,私はこの映画を見ながら,何度も「ナイスな映画だ」とひとりごちていたのだから,それをもしCAに聞かれていたら,私は単なる変なオヤジであるが,それぐらいこの映画を楽しんでいたということである。

決定的名作とは言わないが,これを劇場で見ていたら,見終わった後に極めていい気分で席を立つことができたであろうと言いたい佳作である。星★★★★。

« ここまでいくと笑える「ワイルドスピード EURO MISSION」 | トップページ | 中古でゲットしたElla Fitzgeraldのライブ盤が楽しい。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

おはようございます〜
これ、観てみたいかも♪
ずっと 出張中に観た映画の感想の☆が少なかったので(笑) あれっ 当たりはなかったのかな!? と思っていましたが 最後にいい映画を観られてよかったですね♪

ヒューマンドラマは わたしの好きなジャンルなので ぜひ この映画 観てみたいと思います。

Marlinさん,おはようございます。返信が遅くなりました。

この映画はほのぼのしますねぇ。追って記事を書きますが「アンコール!!」という映画も老人ばかりが出てくるという点では似ていますが,そちらもいいですよ。

今回の出張中に見た映画はほとんど失敗ばかりでした。まぁ,最後にこれを見られてよかったですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57785001

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(13/6~7編):最終回は「カルテット 人生のオペラハウス」。非常に後味の良い映画である。:

« ここまでいくと笑える「ワイルドスピード EURO MISSION」 | トップページ | 中古でゲットしたElla Fitzgeraldのライブ盤が楽しい。 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作