2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 映像美を追い過ぎの「グランド・マスター」 | トップページ | 予想をはるかに上回ったPat Methenyの"Tap" »

2013年6月10日 (月)

新譜の山の中で...

ここのところガンガンCDがデリバリーされているのだが,なかなか聞く余裕がない。そうした中で,Pat Methenyの新譜"Tap"をちらっと聞いたのだが,John Zorn曲集ということで,"Zero Tolerance for Silence"みたいだったらどうしようと思っていたのだが,1曲目を聞いた限りでは,杞憂に終わったようである。

記事は改めてアップするが,1曲目については,多重録音を駆使した宅録ながら,宅録っぽさはあまり強くはなく,フリー的な要素も控えめで結構聞きやすいものになっていたのは嬉しい誤算であった。

« 映像美を追い過ぎの「グランド・マスター」 | トップページ | 予想をはるかに上回ったPat Methenyの"Tap" »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57559205

この記事へのトラックバック一覧です: 新譜の山の中で...:

« 映像美を追い過ぎの「グランド・マスター」 | トップページ | 予想をはるかに上回ったPat Methenyの"Tap" »

Amazon検索

2017年おすすめ作