2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 非常に音のいいStan Getzの放送音源 | トップページ | やっぱりこのRobert Palmerは最高だ! »

2013年6月15日 (土)

Pharoah Sanders,吼える!

Pharoah_sanders "Live..." Pharoah Sanders (Theresa→Evidence)

私は夏になると,フリー・ジャズやハードロックなど,かなり激しい音源を聞きたく傾向が強い。暑苦しさを吹き飛ばすためには,それ以上の暑苦しさが必要なんて感じているからである(笑)。このアルバムなんて,そういう気分に最適であろう。特に1曲目"You've Got to Have Freedom"のぶちかましでつかみはOKである。

私はPharoah Sandersのファンということはないのだが,ツボにはまった時のSandersは本当に凄い。このブログでもFranklin Kiermeyerの"Solomom's Daughter"を取り上げたことがある(記事はこちら)が,そこでのPharoahが最たる事例。そして,ここでも"You've Got to Have Freedom"冒頭からのフリーキーなトーンを聞いて,「来た,来た,来た~」と思うのは私だけではない。ついでにテナーだけでなく,声でも吼えるPharoah Sandersに笑える。MCでもここまで吼えなくてもよかろうみたいなところがあるが,意外とPharoahの声が高いのにも笑える。イメージ的にはもっと野太い声を想像していたが,人は見掛けによらない(笑)。

そして,2曲目は1曲目と落差巨大な"It's Easy to Remember"だが,あたかもColtraneの"Ballads"に倣ったかのような演奏ぶりである。1曲目の咆哮からクールダウンしたって感じと思えばいいが,落差は大きくても納得できる演奏ぶりである。そして3曲目"Blues for Santa Cruz"で黒い感覚を打ち出し,またここでも歌い出すPharoahである。いいねぇ~。4曲目"Pharomba"は比較的抑制された曲調だが,やはり段々熱を帯びてくるPharoahが聞ける。やはりこの人熱くなる体質かと思いたくなる。最後の"Doktor Pitt"はCDのボーナス・トラックだが,約22分のなかなかいい演奏が聞ける。こういうのが未発表だったってのは信じ難いが,ここでも熱くなってくるPharoahの演奏ぶりがちゃんと収められている。特に中盤,人間ワウワウのようなトーンを聞かせた後の吹くわ,叫ぶわの炸裂ぶりは最後を締めるにはいいねぇ。熱く始まり,熱く終わる。これぞPharoahの真骨頂である。

このアルバム自体はバックのメンツもあって,演奏そのものはフリー・ジャズというカテゴリーに入れるべきものではなく,どちらかと言えば,コンベンショナルなスタイルだと言ってもいいのだが,そうした中でPharoahの突出ぶりが強烈。John HicksのピアノとIdris Muhammadのドラムスもよいが,実を言うと,私はここでベースを弾いているWalter Bookerが苦手,というよりも,この人のベース音が嫌いである。Ron Carter同様の増幅感と言うべきか。やっぱりここでも好きになれない音である。だが,バンドがバンドだけにベースが目立つということはないので,ここでは目をつぶることにしよう。

いずれにしても,ここでのPharoahは"You've Got to Have Freedom"に尽きると思うが,これ1曲だけでこのアルバムが人気盤(と言っても好き者の間だけだろうが)になるのもうなずける話である。そして,ボートラも非常にナイスということで,星★★★★☆。やはり夏にはこういう音源が必要だと思ってしまった。

Recorded Live at the Great American Music Hall on April 12(5), at the Maiden Voyage on April 16-19(1, 2) and at the Kuumbwa Jazz Center on April 20(3, 4), 1981

Personnel: Pharoah Sanders(ts), John Hicks(p), Walter Booker(b), Idris Muhammad(ds)

« 非常に音のいいStan Getzの放送音源 | トップページ | やっぱりこのRobert Palmerは最高だ! »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

John Hicks on piano~♪
最高ですね、ファラオのヴォーカル。

Izu-Ochoさん,こんばんは。略称だ(笑)。

MCでのメンバー名の連呼が非常に音楽的というか,いいですよねぇ。燃えます。

愛聴盤ですね。
この頃、テレサのレコードをフィローしていたので、即買い。もう少し聴きたい、という感じで終わっていたのだけど、CDでトラックが大幅追加されたときは嬉しかったですね。
気持ち的には、今でもこの頃のジャズが一番好きです。同時代感が強くて。
(ボクくらいしかコメントしないだろうと甘く見ていたら、先人あり、で恐れ入りました)

kenさん,こんばんは。そうですか。ご同慶の至りですねぇ。

確かにLPで"Doktor Pitt"がないとすると,もうちょっとやって~って感じになるかもしれませんね(笑)。同時代と言えばそうですねぇ。81年と言えば,私が大学に入った年です。そういう意味では私もどっぷりジャズ喫茶につかっていた頃ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57596029

この記事へのトラックバック一覧です: Pharoah Sanders,吼える!:

« 非常に音のいいStan Getzの放送音源 | トップページ | やっぱりこのRobert Palmerは最高だ! »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作