最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(13/05編):その2は「L.A.ギャングストーリー」 | トップページ | 今回仕入れたSmalls Liveシリーズの2枚目:Alex Sipiagin »

2013年6月 2日 (日)

ようやく到着:Joshua Redmanの"Walking Shadows"

Walkingshadows "Walking Shadows" Joshua Redman(Nonesuch)

輸入盤は既に入ってきているにもかかわらず,国内盤のボーナス・トラックのために,そのリリースをずっと待っていたJoshua Redmanの新作がようやくデリバリーされた。本作はJoshua Redmanの新作とは言いながら,私にとってはBrad Mehldauプロデュース,全面参加ということの方が重要な要素であることは事実である(Joshuaには悪いが...)。

そしてこのアルバムはストリングス入り(但し,曲は半数に留まる)のバラッドを中心とした選曲によるものなので,Mehldau参加作としてはCharlie Hadenの"American Dreams"との違いが気になるところである。だが,一聴して雰囲気が随分違うと感じられる。「何が」と具体的に言えないのが辛いのだが,ストリングスのアレンジメントがこっちの方が凝った感じがするようにも思える。ここでのアレンジメントは全てMehldauが行っているわけではないのだが,Mehldauは昨年Orpheus室内管弦楽団とのツアーも行っていて,そうしたオーケストレーション経験がここにも反映しているのかもしれない。

振り返ってみれば,JoshuaとMehldauはMehldauのアルバム,"Highway Rider"において,このプロトタイプをやっていたとも考えられるが,あちらがMehldauの作編曲に重きが置かれていたのに対し,こちらは既成曲も交えてなので,よりアレンジや,Joshuaの吹奏ぶりに注目するべきと考えてよいだろう。そして,選曲がまた一筋縄ではいかない。スタンダードやWayne Shorterの"Infant Eyes"に加えて,Beatles,John Mayer,そしてBachまで入っている。John MayerとはMehldauはライブで共演したことがあるのでわからないことではないし,またMehldauらしいというか,Blonde Redheadの曲も入っていて,こういうオルタナ系音楽への目配りぶりにはいつもながら驚かされる。私は不勉強で,Blonde Redheadの音楽は聞いたことはなかったが,今回を契機にネット上で聞いてみたところ,これをこうするかぁって感じであった。私にとっては原曲はよさが全然わからないのだが,ここでは完全に私の嗜好にフィットしてしまうのだ。音楽の本質にある美しさをあぶり出したって言えばいいだろうか。とにかくびっくりである。

また,Shorterの"Infant Eyes"もShorterとは全く違った個性を打ち出して,これもびっくり。そして,Beatlesは"Let It Be"ってのはどうなのよって気もするが,これまた,ここまでストレートに吹奏しなくてもいいのではないかと思わせるような演奏で,これまたびっくり。とにかく,落ち着いたトーンで演奏されている割に,驚かされることが多いのだ。ある意味,シンプルにやっているようで,多くの仕掛けがある演奏のようにも思える。

日本盤ボーナス・トラックである"Ugly Beauty"もMonkの曲とは思えない演奏ぶりで,ここでの演奏にもJoshuaとMehldauらしいインタープリテーションが施されているというのが私の正直な感想である。

そうしたインタープリテーションの妙味を楽しもうとすれば,私はもう少しこのアルバムを聞く必要があるようにも思えるが,一聴して非常によく出来た(プロデュースされた)アルバムだと言ってよいだろう。決して熱することはないが,クールな中にも秘めたパッションを感じさせる演奏である。ウハウハした感覚は希薄なので,作品としての好みはわかれるだろうが,私としては星★★★★☆。特に"Lush Life"や"Stardust"には心底しびれた。そして,John Mayer作の"Stop This Train"のMehldauのピアノを聞いて,私は彼のファンでいてよかったと改めて思ったのであった。

Recorded on September 27–29, 2012

Personnel: Joshua Redman(ts, ss), Brad Mehldau(p, vib, tubular bells), Larry Grenadier(b), Brian Blade(ds), Laura Frautschi (Concertmistress), Avril Brown, Christina Courtin, Karen Karlsrud, Ann Leathers, Katherine Livolsi-Landau, Joanna Maurer, Courtney Orlando, Yuri Vodovos(vln), Vincent Lionti, Daniel Panner, Dov Scheindlin(vla), Stephanie Cummins, Eugene Moye, Ellen Westermann(cello), Timothy Cobb(b), Pamela Sklar(fl), Robert Carlisle(fr-h), Conducted by Dan Coleman

« 出張中に見た映画(13/05編):その2は「L.A.ギャングストーリー」 | トップページ | 今回仕入れたSmalls Liveシリーズの2枚目:Alex Sipiagin »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
このアルバム ほんと いいですよね♪

オーケストラとの演奏とカルテットの演奏とで いろんな面を楽しめました。
「Lush life」ドラマチックで素敵でしたよね。
ジョシュア・レッドマンも このアルバムで初聴きですが 聴きやすいアルバムで楽しめました。
メルドーの鐘も良かったです♪
TBがわりに URL貼り付けさせていただきました。

音楽狂さんこんばんは。TBありがとうございます

これ音楽狂さんどうなのかな?って思ったりしてましたが、意外(?)にも高評価で何よりです。
それにしてもMehldauのロックへの選曲や料理の仕方に意外性がありつつも全体を通して統一感がぴったりで、大したプロデュース力だと感心しました。
というわけで、こちらからもTBさせていただきます

Marlinさん,こんばんは。

このアルバムはなかなか曲者です。聞き易いようにも思えるのですが,ストリングスのアレンジは相当力が入っていますし,その一方で,演奏そのものは決してストレートではないというもので,面白い作品でしたね。

Joshuaの音って好き嫌いも出そうではありますが,私は問題なしです。それよりも何よりもプロデューサーとしてのMehldauの仕事を褒めたいですね。

とっつぁんさん,こんばんは。TBありがとうございます。

意外ですか?私は"Highway Rider"の姉妹編と捉えることにしようかなぁなんて考えています。天邪鬼の私の心をくすぐる変化球の数々が,非常に面白かったです。

でも,記事には書きませんでしたが,劇的な愛聴盤になるタイプの音源ではありません。それは"Highway Rider"も一緒ですが...。その辺はとっつぁんさんの読み通りかもしれませんね(笑)。

いやいや、マジで梅雨なんですか?
新潟は、空気が涼しいのだよねぇ。。
あちらのコメントにいただきました閣下ののお言葉、、

「音楽としては非常に落ち着いているのに,「やられた」感が強い私です。」


ずばり、これでしょう。
そして、わたしはメルドーに一票。
この一見落ち着いた世界は、導入口としては◎だけど、
確かに、ジャズファン的には大きく二つに分かれちゃうかもしれませんね。
って、それも、いいと思いますです。はい。

Suzuckさん,こんばんは。確かに梅雨っぽくないですねぇ。

ジャズ・ファンにも色々タイプがありますから,一部のジャズ・ファン,特にコアなジャズ・ファンだと自認している人たちには受けが悪いんじゃないですかねぇ。

しかし,誰が聞いても,この音楽の持つ魅力ってわかるとは思うんですが。心を広く持てばいいんですよねぇ(とか私が言うのも変ですが)。

そして,Mehldauのプロデュース能力の高さに感心した私です。立派な仕事ぶりでした。

中年音楽狂さん、TBありがとうございました。
ここら辺のミュージシャンになると出すアルバムはとても意図があると感じます。
今回のアルバムのベースはバラッドもしくは歌曲、それを今の雰囲気とスタンダードにミックスしながらテクを見せたいと思ったのではないでしょうか。

monakaさん,こんばんは。TBありがとうございます。

テクを見せたいという感じではないとは思うんですけど,これは一筋縄ではいかないアルバムです。そこがいいんですが...(笑)。

ゴージャスな感じではあるも、いかにも売れセンをねらっている感じではなくて、アドリブにも全体の調和を乱すことなくある程度やりたいようにやっているのがいいなあ、と思いました。けっこう私も気に入りましたです。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

このアルバムのいいところは,甘いだけの世界に終わらないところでしょう。様々な仕掛けを感じさせて非常に面白かったです。愛聴盤にはならなくても,一定の評価はしなければならないアルバムだと思っています。

追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57503322

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく到着:Joshua Redmanの"Walking Shadows":

» Joshua Redman / Walking Shadows [とっつぁんの日記帳]
Joshua Redman (p)  Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Brian Blade (ds) Dan Coleman (Orchestra Conducted) Recorded September 27-29, 2012, at Avater Studios Rel:2013 Nonesuch 7559-79609-3 ここのところ気候故かジャズには穏やか〜な気分にさせてくれるものを求めることが多く、このJoshua Re..... [続きを読む]

» Walking Shadows / Joshua Redman [My Secret Room]
寒暖の差が激しい今日この頃。。春は、、何処に。。? 新譜がたまりすぎて、しかも、 [続きを読む]

» 蓮の花 WALKING SHADOWS / Josua Redman [JAZZ最中]
昨年JAEMS FARMをブルーノートでみて、ライブでの演奏はさすがに凄いと思ったので、新しいアルバムをたのしみにしていたら、なんとバラッド集、それもウィズ・ストリングスだとは驚いた。 いろいろなアルバムがたまってしまっていて、記事にはすぐしないので...... [続きを読む]

» Walking Shadows/Joshua Redman [ジャズCDの個人ページBlog]
ジョシュア・レッドマンの新譜は、半分の曲にオーケストラ(主にストリングス)を加え [続きを読む]

« 出張中に見た映画(13/05編):その2は「L.A.ギャングストーリー」 | トップページ | 今回仕入れたSmalls Liveシリーズの2枚目:Alex Sipiagin »

Amazon検索

2017年おすすめ作