最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« パーフェクトな二日酔い | トップページ | またまたKL出張中。 »

2013年6月30日 (日)

ようやくゲットしたJoe Lockeの"4 Walls of Freedom":やはりBob Bergはいけている。

Joe_locke "4 Walls of Freedom" Joe Locke(Sirocco Music)

このアルバムは毎度おなじみ新橋のテナー・サックスの聖地「Bar D2」で聞かせて頂いて,Bob Bergの演奏にしびれたアルバムである。しかし,このアルバム,廃盤状態なので,なかなか高いというのがネックになって,手に入れられていなかったものだが,先日中古盤屋でめでたく発見である。しかも900円である。即買いとなった私である。

このアルバムはJoe Lockeをリーダーとしながら,Bob Bergの吹きっぷりが素晴らしい。特にBob Bergのワンホーンで演奏される6曲から構成されるタイトル・トラックには燃える。もちろん,フリューゲル・ホーンのGerald Presencerが入った曲でもBob Bergはちゃんと吹いているが,ここは前半の吹きまくりモードに身を委ねたい。

このアルバムが録音されたのはBob Bergが不慮の死を遂げる約3カ月前のことである。ここに聞かれる演奏はまさに快演であり,全くもって素晴らしいだけに,本当にBob Bergの死は惜しかったと言わざるをえない。私はやはりBob Bergが相当好きで,私へのフィット感はまさに半端ではないのである。ここでは冒頭のJoe LockeのMIDIヴァイブに一瞬のけぞるが,Bob Berg登場の瞬間から燃える。これはやはり見逃すには惜しいアルバムである。メンツも濃いしねぇ。

ということで,Bob Berg好きの方はこれを見つけたら買いましょう(笑)。星★★★★☆。

Recorded in September 2002

Personnel: Joe Locke(vib, MIDI vib, marimba), Bob Berg(ts), Gerald Presencer(fl-h), James Genus(b), Gary Novak(ds)

« パーフェクトな二日酔い | トップページ | またまたKL出張中。 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57691718

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくゲットしたJoe Lockeの"4 Walls of Freedom":やはりBob Bergはいけている。:

« パーフェクトな二日酔い | トップページ | またまたKL出張中。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作