2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今日もお休みです。 | トップページ | アコースティックになったBob James & David Sanborn »

2013年5月23日 (木)

マレーシア見聞録:その3はBlue Mosque

Blue_mosque_1 今回のマレーシア出張時の記録の3回目そして最終回である。マレーシアは多民族であるがゆえに,信仰する宗教もそれぞれであることは先日の記事にも書いたが,今回ご紹介するのは多くのマレーシア人が信仰し,国教となっているイスラム教関連で,相当大規模なモスクであるBlue Mosqueをご紹介しよう。

正式名称をSultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosqueというこのモスクであるが,Blue Mosqueと言われるだけあって,その鮮やかなブルーのドームが特徴である。このモスクは1988年に完成したもので歴史としてはは浅いが,マレーシアでは最大,世界で4番目だか6番目に大きいらしい。金曜日のお祈りには24,000人が集結するという大規模モスクである。海外に出張している時に,教会を訪れる機会はあっても,モスクを訪れる機会は少ない(というか,私にとってはこれが初体験である)だけに,非常に勉強になった。

我々が到着した時は,本来はクローズされているはずの時間だったが,気のいいボランティアのオジさんが我々を案内してくれた。モスクの中を見るのも初めてなら,イスラム教のお祈りの作法を教わったのも初めてだが,このボランティアの方々の目的には当然布教の意味合いもあるはずであり,初めて訪れた日本人にイスラムの意義を教えているのだから,所期の目的は果たしているはずである

Blue_mosque_2 それはさておき,このモスク,ドームの外観も立派だが,内部も壮麗である。iPhoneで撮影した写真では解像度は今イチ,色めも本当はもっと綺麗なのをお見せできないのは残念だが,それでも雰囲気はある程度伝わるはずである。教会で言えばステンド・グラスに相当するところの壁面のガラス群が,日光を浴びて,見事に輝くのを見れば,聖地メッカに祈りを捧げたくなる気持ちもわかるような気がした。この写真は撮影可能な最終線上で撮ったものだが,やはりこれだけではわからないな。

しかし,こうした宗教施設を訪れることで,様々な宗教観に触れることは大事なことだと思える。私がボランティアのオジさんの話を熱心に聞いていたら,最後には日本語訳したコーランを手渡されてしまった。イスラム教に帰依することはなかろうが,それでもこれだけ多くの人々が信仰する理由を理解することは相応の意義があると思っている。

ということで,滅多に行けないところに行けたということで,仕事以外の意義も大きい出張だった。体力的にはきつかったけどね...(苦笑)。

« 今日もお休みです。 | トップページ | アコースティックになったBob James & David Sanborn »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

モスクへ立ち寄られたのですね。良い経験をされたと思います。私自身も、随分前の話になりますが、トルコ人(今、大変な騒ぎになっていますが。。)のモスクへ招待されて行ったことがあります。きっかけは、当初、語学を一緒に学んでいたクラスの中に、モスクの説教者がいたので、誘われるままクラスの受講者と共に、「イスラム教を知る特別講座のような枠」で、見学させてもらいました。質問コーナーもあったので、日頃疑問に思っていることを遠慮なく尋ねたりしました。

説教の後は、有志のイスラムの方が準備してくれたランチタイムでご馳走になりました。

それ以来、個人的なお付き合いはありませんが、皆さんフレンドリーな方達だったのを覚えています。

Laieさん,こんばんは。

トルコは大変なことになっていますが,モスクへ行かれたんですね。マレーシアでも同じような感じで,布教への意欲が強い,あるいは理解を深めさせたいという意欲を感じさせました。押しつけがましいところは全然ありませんでしたが。

今まで全くイスラムには縁遠い生活でしたので,この訪問は勉強になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア見聞録:その3はBlue Mosque:

« 今日もお休みです。 | トップページ | アコースティックになったBob James & David Sanborn »

Amazon検索

2018年おすすめ作