最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« "The Vanguard Date":祝再発!でもオリジナルの価格が下がるとは思えんが...。 | トップページ | Arti & Mestieri:GW中の片付けの中でちゃんと聞いてみた »

2013年4月30日 (火)

Jeremy Peltの新作は映画音楽のようだと言いたくなる...

Jeremypeltwaterandearth "Water and Earth" Jeremy Pelt (High Note)

Jeremy Peltは優秀なクインテットとともに,往年のMilesを彷彿とさせる音楽性を聞かせてきたが,それでも前作"Soul"はちょっとMilesに傾斜し過ぎたかなぁと思わせたものの,出来としてはかなりのものとなっていた(記事はこちら)。しかし,同一メンツでのレコーディングが続いていると,ちょっと違った路線も聞きたくなるのが人情なのは,Tom Harrellのクインテットにも言えるが,今回,そうした期待を感じたのか(?),Jeremy Peltもこれまでとは異なる路線でのサウンドの作品をリリースしてきた。このアルバムのサウンドを彩っているのはずばりRhodesである。

私は,このブログにも何度か書いてきたように,Rhodesの音がかなり好きだと言ってもいいので,今回のアルバムに関する情報が上がってきた時にも結構な期待を寄せていたことは紛れもない事実である。しかし,このアルバムがリリースされてから,結構な時間が経っても記事にできなかったのは,引越しで多忙だったこともあるが,それよりも,音を聞いてずっとピンとこないでいたからなのである。

それはなぜなのかを今一度本作を聞き返して考えていたのだが,それはここで聞かれるサウンドの「ゆるさ」にあるのではないかと思える。私がJeremy Peltに求めるのはよりシャープでアグレッシブな響きであるが,ここで聞かれるのは,まるで70年代のアクション映画のBGMのような感じなのである。それはそれで固有の魅力を持つ音楽であることは否定しないが,そこには緊張と弛緩のバランスがもう少し感じられるはずだ。だが,このJeremy Peltの新作は「ゆるい」という表現が不適切だとすれば,「ゆるやか」と言い換えてもよいような感覚ゆえに盛り上がりに欠けてしまう。"Boom Bishop"のような曲がもう少しあればというところであるが,結局はこれは緊張感のあるグルーブが足りないことを示しているように思える。例えば"Prior Convictions"のようにバックのグルーブはよくても,そこに乗ってくるPeltのラッパがそこから乖離した音色やフレーズを発するのでは,どうにもうまくないのである。

全体的な音楽のクォリティは決して低くはないが,リスナーを引きつける強力な磁力に不足した演奏に留まっているのが私には残念に思えた。ということで星★★★。これならレギュラー・クインテットに戻して欲しいと思ってしまったわがままな私である。

Recorded on September 26 & 27, 2012

Personnel: Jeremy Pelt(tp), Roxy Cross(ts, ss), Frank LoCrasto(key), David Bryant(key), Burniss Earl Travis(b), Dana Hawkins(ds), Jeffrey Hayes(perc), Ra-Re Valverde, Angela Roberts, Fabiana Masili(vo)

« "The Vanguard Date":祝再発!でもオリジナルの価格が下がるとは思えんが...。 | トップページ | Arti & Mestieri:GW中の片付けの中でちゃんと聞いてみた »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さん、こんにちは。TBありがとうございます。
やはり微妙なんですよね・・。
Jeremi Peltに次こそはって期待すればするほど、なんか逆の方向にいってしまってる感が強いし、今回の新しい布陣ではさらに”ゆるさ”が増幅されてしまって残念。おっしゃるとおり、”ゆるさ”をリスナーに心地よくさせる磁気は不足しているのかも知れませんね。
こちらからもTBさせていただきます。

とっつぁんさん,こんばんは。TBありがとうございます。

はい。その通りです。私はPeltにはかなり期待しているので,この程度では納得できないんですよねぇ。まぁ,次作に期待とも言えますが,二回続けて裏切られるとさすがに苦しくなるので,次は頑張って欲しいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57267596

この記事へのトラックバック一覧です: Jeremy Peltの新作は映画音楽のようだと言いたくなる...:

» Jeremy Pelt / Water and Earth [とっつぁんの日記帳]
Jeremy Pelt(tp) Roxy Coss(ss,ts) David Bryant(p,fender rhodes,clavinet,hammond B-3 organ) Frank LoCrasto(key,fender rhodes,prophet) Burniss Earl Travis(b) Dana Hawkins(ds) Jeffrey Haynes(perc) Ra-Re Valverde(vo) on 6 Angela Roberts(vo) on 1 ... [続きを読む]

« "The Vanguard Date":祝再発!でもオリジナルの価格が下がるとは思えんが...。 | トップページ | Arti & Mestieri:GW中の片付けの中でちゃんと聞いてみた »

Amazon検索

2017年おすすめ作