2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これも久しぶりに聞いたBrand Xの"XCommunication" | トップページ | 無茶苦茶面白かった「ジャンゴ 繋がれざる者」 »

2013年3月25日 (月)

懐メロは続く...。本日はSwing Out Sisterである。

Kaleidoscope_world "Kaleidoscope World" Swing Out Sister(Fontana)

引越し後のCD整理の中で久々に私の前に現れたSwing Out Sisterである。私は結構な期間,Swing Out Sisterがアルバムをリリースするとすぐに買うという生活を続けていたのだが,それも"Somewhere Deep in the Night"あたりまでで,それ以降はフォローをやめてしまった。日本で人気が出過ぎたということもあったが,やはりマンネリズムを感じさせたのも事実である。

そんな彼らのアルバムでは"It's Better to Travel"と"Live at the Jazz Cafe"は引き続き一軍としてずっと聞いてきたが,それ以外はしまい込んだままずっと聞いていなかった。だが,今回,久しぶりに彼らの2ndである本作を聞いたわけだが,初めて本作を聞いた時の感覚が蘇ってきてしまった。私が本作の冒頭に収められた"You on My Mind"を聞いたのはTVのニュースのバックで流れていた時だったと記憶しているのだが,その時に,おぉっ,Fifth DemensionかBurt Bacharachみたいや!と思ったことだけは明快に覚えている。それは今聞いても全く同じだったのだが,このアルバムを改めて聞いてみると,いろいろな音楽の要素が組み込まれていて,雑多な感覚はありながら(そういう意味ではこのタイトルは名は体を表すって気がする),生のオーケストラを使ってどれだけの表現をするかが,本作の結構大きな狙いだったようにも思える。そのためにはJimmy Webbの力を借りる必要もあったのだろうと思えるが,"You on My Mind"なんて,彼らによるアレンジメントなのであるから,これはやっぱり確信犯なのである。

上述の通り,「雑多な感覚」があって,それは「どこかで聞いたような」というデジャブ的な感覚をもたらす部分もあるのだが,それでも本作がポップで楽しいアルバムであることには間違いはない。上述の2枚には及ばないが,一時期飽きたと思わせた彼らの音楽を,もう一回聞いてみるかと思わせるぐらいの魅力は十分にあったと思う。ということで,同じ箱に一緒に保管していたその後の数枚のアルバムをリッピングした私である。星★★★★。こんなことをしていると,新譜に関する記事をアップすることがどんどん難しくなっていくが,まぁ,こういうのもありだろう。温故知新は決して悪いことではないのである。

参加ミュージシャンが多いので,パーソネルは省略。手抜きはいかんが,まぁいいだろう(笑)。いずれにしても,彼らのアルバムって日本で売れ過ぎたところもあり,中古で売りに出しても二束三文で買い叩かれるのがオチなので,売るという判断はしないだろうなぁ(爆)。

« これも久しぶりに聞いたBrand Xの"XCommunication" | トップページ | 無茶苦茶面白かった「ジャンゴ 繋がれざる者」 »

ポップス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
昔「ブレイクアウト」を聴いて おぉ!なんてお洒落な曲なんだろうと思いました♪

スイング・アウト・シスターの曲がトレンディドラマの主題歌になるころには わたしも聴かなくなってしまいましたが たまにラジオから「ブレイクアウト」が流れると いいわぁ〜♪って 手をとめてしまいます。
もう 懐メロかぁ…

Marlinさん,こんばんは。

"Breakout"ももう20年以上前でっせ。やっぱり懐メロでしょう。今聞いてもいけているというのは凄いことですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57027557

この記事へのトラックバック一覧です: 懐メロは続く...。本日はSwing Out Sisterである。:

« これも久しぶりに聞いたBrand Xの"XCommunication" | トップページ | 無茶苦茶面白かった「ジャンゴ 繋がれざる者」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作