2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Rh Factorライブに参戦 | トップページ | Roy Hargrove & the Rh Factor: Robert Glasper Experimentの源流はここだったのかもなぁ。 »

2013年3月 1日 (金)

記事の更新がままならない中,Milesのフィルモア・ブートの話

Complete_friday001 "Complete Friday Miles at Fillmore" Miles Davis (So What!)

最近,記事の更新がままならず,私としてもいかんなぁと思いつつ,これだけ宴席やライブが重なるとちょっと厳しい。そうした中で,先日Roy Hargrove率いるThe Rh Factorのライブに先立ってゲットしてきたのが本ブートレッグである。先に出た「水曜日」,「土曜日」同様,オルタネート・ミックスを含む2枚組デラックス・エディションでの入手。

"Miles at Fillmore"はTeo Maceroの絶妙な編集が施された演奏であることは周知の通りであるが,その編集前のテイクがブートレッグとして出回っていることも,これまた広く知られたことであり,「木曜日」を除いて世の中に出回っている。今回の"Complete"シリーズにおいてはその目玉は「木曜日」のリリースなのだが,なかなかじらすようにリリースがされない。そうした中で,今まで出ているシリーズの中では最も評価が高い「金曜日」が発売になった。いずれにしても買うつもりではいたが,先日,新橋のテナー・サックスの聖地「Bar D2」で既に聞かせてもらっていたのだが,これが強烈極まりなかった。もとからマスター音源と言ってもいいクォリティを持つブートだったが,更に音がよくなっているように感じられる。各楽器のニュアンスが聞き取れるだけでなく,ミキシングのバランスも調整されているように聞こえるのだ。

昨今のブート音源のクォリティには驚かされるが,このフィルモアについてはもうこれが決定版と言ってよいだろう。いずれにしてもフィルモア・ブート地獄も残すところ「木曜日」だけとなったが,今から待ち遠しいと思っているのはきっと私だけではあるまい。しかし,これに留まらず次から次へと出てくるので,行き着くところはやはり地獄なのだが(笑)。

« Rh Factorライブに参戦 | トップページ | Roy Hargrove & the Rh Factor: Robert Glasper Experimentの源流はここだったのかもなぁ。 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56857289

この記事へのトラックバック一覧です: 記事の更新がままならない中,Milesのフィルモア・ブートの話:

« Rh Factorライブに参戦 | トップページ | Roy Hargrove & the Rh Factor: Robert Glasper Experimentの源流はここだったのかもなぁ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作