最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 結構まとも(?)なPharoah Sandersが聞けるAlex Blake盤 | トップページ | Tribal Tech参戦記はまた改めて,並びにお知らせ »

2013年3月 8日 (金)

Brad Mehldauの楽歴を振り返る:その4 ~Fresh Soundから出たピアノ・トリオ~

When_i_fall_in_love "When I Fall in Love" Mehldau~Rossy Trio(Fresh Sound New Talent)

久々のこのシリーズである。新譜もたまってはいるのだが,リッピングしている暇もないというのが実態なのだ。だからMehldauか?と言っては彼に失礼だが,まぁ私の気まぐれってことで...。

このアルバムが録音されたのはBrad Mehldauがワーナーからメジャー・デビューする前のことであるが,ここに収められた曲のいくつかが,"Introducing"や"The Art of the Trio, Vol.1"で再演されているので,そうしたアルバムのプロトタイプと言ってもよい作品である。

冒頭の"Anthropology"から若さ溢れるとも言うべき快演である。このスピード感は昨今のMehldauには希薄になっているようなところもあるが,今から20年前の演奏なのだから,彼もまだ若かったということである。凄い勢いである。しかし,一聴すれば,このピアニストが注目すべきピアニストだということはわかるだろうという演奏である。2曲のオリジナルもなかなかいいしねぇ。

この頃のMehldauはまだ新人の域を脱していないし,Joshua Redmanと吹き込む前である。だが,この段階で,ライブ盤とは言え,かつコ・リーダー作とは言え、ほぼ彼のリーダー作と言ってよい作品の吹き込み機会を与えるFresh Soundの慧眼には頭が下がる。前にも書いたが,私がMehldauにはまったのは"The Art of the Trio,Vol.1"でのことであったが,それ以前から既に実力は発揮していたということを如実に示す充実作である。

後の演奏のようなコクや深みというものはここにはないかもしれない。しかし,急速調からバラッドまで何でも見事に弾きこなす様を見せつけられれば,「注目の新人現る!」って叫びたくなってしまうこと必定である。それは(これも前に書いたが)私のNYC在住中に,まだティーン・エイジャーだったChristian McBrideの生演奏に触れて大騒ぎをしたのと同じ感覚だったと確信させる演奏群である。レベル高っ!と思わずうならされる快作。ちょいと甘めの星★★★★☆。だが,正直なところ私は"Introducing"よりこっちの方がいいのではないかと思っているぐらいなのである。

Recorded Live at La Cova Del Drac, Barcelona on October 9 & 10, 1993

Personnel: Brad Mehldau(p), Mario Rossy(b), Jordi Rossy(ds)

« 結構まとも(?)なPharoah Sandersが聞けるAlex Blake盤 | トップページ | Tribal Tech参戦記はまた改めて,並びにお知らせ »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56908897

この記事へのトラックバック一覧です: Brad Mehldauの楽歴を振り返る:その4 ~Fresh Soundから出たピアノ・トリオ~:

« 結構まとも(?)なPharoah Sandersが聞けるAlex Blake盤 | トップページ | Tribal Tech参戦記はまた改めて,並びにお知らせ »

Amazon検索

2017年おすすめ作