最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼:坂口良子 | トップページ | ようやくオーディオのセットアップが完了 »

2013年3月30日 (土)

Alex Sipiagin:メンツが凄いだけに期待値が高過ぎたかなぁ

Alex_sipiagin_overlooking_moments "Overlooking Moments" Alex Sipiagin(Criss Cross)

このメンツを見ただけで飛びつきたくなるジャズ・ファンも多いはずである。しかもここのところのAlex Sipiaginのアルバムは出来がいいし,一昨年Smallsで見たライブも素晴らしかったから,期待も高まろうというものである。

しかし,聞いてみると今ひとつピンとこない。演奏の質は高いと思うのだが,こちらの期待しているよりハード・ドライヴィングな感覚が不足しているように思えるのである。まぁ,毎度毎度ド派手に飛ばしまくるだけがミュージシャンの芸だとは思わないが,このメンツならではという感じが足りないのである。

今回の作品にはピアノもギターも入っていないので,ホーン陣としてはより自由度の高い演奏ができるだろうとこっちとしては思っていたわけだが,どちらかというと私が想定していた音よりはゆるい。このメンツであれば,もっとエッジの効いた演奏をしてもよさそうだが,ここではやや違うアプローチが取られている。ライナーにもSipiaginのコメントとして"I also tried to make the songs simpler harmonically."とあるから,いかにもNYC的という感じの音よりも,よりオーソドックスな曲作りを目指したというところではないかと思える。

そうは言いながら,Sipiaginは鋭いソロを聞かせているし,クリポタはクリポタで彼らしいフレージングを展開しているので,相応に楽しめるのは事実だが,前作"Destination Unknown"に感じられた燃え上がるような熱」が足りないことも認めなければならない。それがやや残念ではあるが,"Flash"なんてやっぱりいけているよなぁと思ってしまうということで,評価するにしてもアンビバレントな感覚が残ってしまう私である。ということで,星★★★☆。

次はまたイケイケ路線でやって欲しいねぇ。

Recorded on October 15, 2012

Personnel: Alex Sipiagin(tp, fl-h), Chris Potter(ts, ss), Scott Colley(b), Eric Harland(ds)

« 追悼:坂口良子 | トップページ | ようやくオーディオのセットアップが完了 »

ジャズ(2013年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

個人的には、爆発しないこのメンバーの演奏も好みではありました。ハモりのフレーズが出たり、そこからソロになってみたり絡んでみたり。

ただ、複数の方が前のアルバムの方が良かったと書いてらっしゃるので、やはり彼らに期待するのは、そちらの方だったのかもしれません。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

このアルバムって評価がわかれるのは仕方ないと思います。このメンツへの期待値が人それぞれだと思いますし,私も記事をどう書こうか実は悩んでいました。

まぁ,それでも想定値よりはおとなしいってことで,こういう評価ですが,チャレンジ精神は否定しませんし,間違いなく平均点以上の仕事はしてますよね。問題は一つだけ。燃えないだけです(笑)。

この時(日本では3月)のクリスクロスのリリースはどのアルバムもドキドキするメンツを揃えていて、、実際聴いても、、捨て盤なしだなぁ。。と、思いました。でも、これが1番よかったですよ。。わたし。。
愛聴盤というのとは少し違う気もするのですが、

この2人の演奏にピアノやギターはなくてもいい、と、心の何処かで思ってしまってるのがバレバレかもしれないです。
しかも、聴きやすさを求めたら、、このアルバム買わないと思うもの。

充分力のはいった闘志溢れるサウンドだと思ったんですが。いい意味でのライバル心むき出しな感じがして、、合わせるとこは合わせるけど、、でも、互いに相手の飼われたネコにはなるまい、って、闘志を感じたんだけどなぁ。。

って、ことですが、、
まぁ、、いろいろ、、閣下の記事を眺めてると、、キリがないですねぇ。。(笑)
閣下、、凄すぎます。はい。

Suzuckさん,こんばんは。何が凄いのかよくわかりませんが(苦笑)。

でもこのアルバム,間違いなく最初よりは評価は高まっています。私の耳なんて大したことないなと思わされます。

いずれにしても,Sipiaginにはマンデイちゃんとは別に来日してもらいたいもんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/57054343

この記事へのトラックバック一覧です: Alex Sipiagin:メンツが凄いだけに期待値が高過ぎたかなぁ:

» Overlooking Moments/Alex Sipiagin [ジャズCDの個人ページBlog]
Criss Crossレーベル新譜聴き2日目。今日のアルバムはアレックス・シピア [続きを読む]

» Alex Sipiagin / Overlooking Moments [My Secret Room]
このアルバムが来て、、今に至るまでに、、いろいろなことがありました。。 喜びも悲 [続きを読む]

« 追悼:坂口良子 | トップページ | ようやくオーディオのセットアップが完了 »

Amazon検索

2017年おすすめ作