2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 森山威男の"Hush-A-Bye"が遂に再発された | トップページ | 入手は結構前だが,なかなかしびれるバラッド集 »

2013年2月23日 (土)

摩訶不思議なワイン,MAGMA

Magma 私は決してワイン通ということはないのだが,何だかんだ言って,濃厚なワインを買ってきては飲む機会が多い。正直なところ,コスト・パフォーマンスとアルコール度数(笑)優先だし,ワインのアロマがどうの,タンニンがどうのということを語る資格があるとは思っていない。そんな私でも月に1回ワイン・テイスティングの会に参加させて頂いていて,毎度毎度いろいろなワインを試させて頂き,へぇ~とかなることが多いのも事実である。

昨夜,そのワイン会があって,そのテーマがシチリア産のワイン,その目玉が"MAGMA"ということであったのだが,上述のように,私は全然ワイン通ではないので,毎度のことながら,何ですか,それは?って感じだった。しかし,これが飲んでみて驚きというか,今まで飲んできたワインと全然違う。このMAGMA,「単一畑の厳選されたネレッロ・マスカレーゼから造られる(超自然派)ワイン」だそうであるが,香りも味も私の経験値を越えていた。しかも時間が経つと,味の変化が極めて明確。ついつい早飲みの私が時間を掛けてしまったではないか。それにしてもびっくりした。世の中,こういうワインもあるんだねぇ...。

大体,私はバカの一つ覚えでCabernet SauvignonかSyrahかZinfandelを好む傾向があるが,そんな私でも普通のワインとの違いがわかるぐらい,超個性的なワインであった。このワインの作り手であるFrank Cornelissenはグラッパやオリーブ・オイルも作っているようなので,そっちも凄く関心あるなぁ。いずれにしても大変勉強になりました。

« 森山威男の"Hush-A-Bye"が遂に再発された | トップページ | 入手は結構前だが,なかなかしびれるバラッド集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56823574

この記事へのトラックバック一覧です: 摩訶不思議なワイン,MAGMA:

« 森山威男の"Hush-A-Bye"が遂に再発された | トップページ | 入手は結構前だが,なかなかしびれるバラッド集 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作